+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Preliminaire

イギーの新譜「Preliminaire」、amazonでは見つけられないのにHMVでは情報出てます。
5月13日、日本先行発売!おお!
さすが大手、EMIだわ。
でも、イギーでジャズって日本では売れ筋ではないと思うよ・・・

どの程度本格的かわからないけど、ジャズ風の曲を書いたことは間違いない様子。
おまけに「枯れ葉」をフランス語で歌ってるとか。
楽しみ~!

フランスの小説家・ミシェル・ウエルベック(Michel Houellebecq)の「ある島の可能性(La possibilité d'une île) 」にインスピレーションを受けて制作されたアルバムだという。
知らない作家だったので(基本的にフランス文学に興味がない)ちょっと調べたら、フランスではカルト的人気作家兼詩人で、イギーはこの人の大ファンなんだって。
「ある島の可能性」は邦題があることでわかる通り、邦訳されて角川から出版されてる。
レビュー等を読むかぎりでは、読む気がしない。
他の著作も含めて気分が悪くなりそうな内容(あくまで私の印象)。

ところで「Preliminaire」ってフランス語なんだよな。
日本語に訳すと「準備」?


イギーは以前ジャズ・アルバムに参加してフランク・シナトラの曲を歌ったことがある。
イギーのお父さんがシナトラを好きで、イギーは子供の頃からシナトラを聴いて育ったらしい。
フランク・シナトラの娘、ナンシーの「These Boots Are Made For Walking」をゆうべ聴いたばかり。日本では「にくい貴方」って言った方がわかるかも。
ナイアガラのカヴァーを聴いたら、本家も聴きたくなって。
日本人歌手もカヴァーしてるし、曲のエンディングは「うたばん」でも使われてて馴染み深い。
ナンシーはとってもチャーミング。
フェロモン系アイドルだったというのも頷ける。

Jazz A Saint-GermainBoots



  1. 2009/03/18(水) 23:32:14|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<1960年代 | ホーム | RON ASHETON’S NEW ORDER>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示