+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Iggy雑談

iggy2
思いつくところをつらつらと。

イギーは人間的にものすごく魅力的だ。
インテリジェンスとは対極にある労働者階級の無知や野卑さ、大きく変貌する社会の隙間からこぼれ落ちてしまう若者たちの苛立ちや欲望をロックという方法で表現してきた。本物の自由を求めて己の肉体ひとつで暴れてきた。
それは決して反社会などという理窟ではなくて、もっと衝動的で人間の本能に忠実な感情の発露だったのだと思う。
つまらんもんはつまらん。欲しいものは欲しい。脱ぎたいから脱ぐ。子供のように正直。
歌詞はイギーのつぶやきそのもの。時には皮肉をもって、時にはユーモアをもって、時には愛をささやいて、ありのままに言葉を吐き出している。

普段は物静かで読書好きらしい。
暴力的な顔と知的な顔。
イギーの中にも矛盾があるのかな?それとも誰の中にでもある二面性なのか?

「Cold Metal」の中の「I’m a product of America.From the morgue to the prisons.(オレはアメリカ製、死体置き場から監獄まで)」
こんな歌詞に皮肉よりもアメリカ人としてのアイデンティティと愛情を私は感じてしまう。




イギーといえば(?)江頭2:50。
えがちゃんのあのお笑いスタイルはイギーをマネしているという噂がある。
少なくともえがちゃんはイギーのファンらしい。
アレをイギーが見たらどう思うんだろう?あんな日本人がいるなんて知らないよね(笑)
ちなみにえがちゃんの私服はオシャレなんだって。
元ブルー・ハーツのヒロトもイギーの影響あるね、ぜったい。

iggy3
現在、61歳。オリジナルメンバーのアシュトン兄弟との再結成も順調の様子。
今年の来日は今のところなさそうだけど、精力的にライブを続けている。
  1. 2008/08/09(土) 00:02:19|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<Ritchie Blackmore | ホーム | NATALIE COLE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示