+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Mick Rockの仕事



イギーってば、かわいいかわいいかわいい。

見たことのある写真が多いんだけど、大きいのですよ、本自体が。
A4を少し大きくしたくらい。だからイギーも大きい!
おまけに200ページを越すほとんどが写真。イギーがこれでもかこれでもかと出てくる(喜)
あ~、よかった。文章ばかりだったらどうしようかと思ってた。
ペーパーバックなのが残念だけど。

2000年代に入って、ミック・ロックは70年代の仕事をぞくぞくと出版物にしている。
デヴィッド・ボウイ、クイーン、シド・バレット、ブロンディ・・・そしてイギー・ポップ。
この人はその後の仕事振りがまったくわからない。
もちろん現役のカメラマンで、近年では中村勘三郎ともセッションしている。
一昨年には日本で展覧会もしてるし。

ロックスターがまだ若く、一番輝いていた時代。
そのエネルギーにミック・ロックも共鳴して、あの傑作たちを生み出したのだと思う。
もう二度と、あの輝きは取り戻せないけれど(ロックスターたちもミック・ロックも)、その瞬間を切り取った写真は半永久的に残る。
そしてそれが70年代を知らない私たちの心に何かを届けるのだ。


それにしても、ボウイとイギーとルー・リードのスリーショット写真。何度も見てたのに、イギーのTシャツがT.REXだってことにようやく気がついた。
それと、やっぱりこの時期はイギーとウイリアムスンの密着度が高い。
アシュトン兄弟と溝が出来てたというのは間違いなさそうな雰囲気。


なにやらDVDも出たらしい。
↓便器を抱くイギー(笑)
mickdvd



  1. 2009/01/22(木) 21:48:17|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<DESTROY ALL MONSTERS | ホーム | カルト・ロック・ポスター集 1972-1982>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示