+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

The Punks

70年代以降はStoogesやMC5の影響を受けていそうなバンドを探すと言っても、手当たり次第に検索をかけて好みに合いそうなものをコツコツ探していくしかない。

その中でちょっとおもしろそうなバンドがPunks。デトロイトのバンドで 1973年から77年にかけて活動。当時アルバムは残していないようだが、2005年にイタリアのRave Up Recordsから1976年のリハーサルやデモ音源を元に編集盤が出されている(現在は廃盤)。メンバーはSteve Rockey (guitar), Alan Webber (guitar), Rod McMahon (bass), William "Frantic" Kuchon (vocals), Craigston J. Webshire III (drums)。編集盤の9曲全部を見つけることはできなかったが、暴力的でドロドロしたサウンドはまさにデトロイト。硬派な印象を受ける好バンドである。
77年にはバンド名を変えニューヨークに乗り込んだがレコード契約をつかむことはできなかった。



  1. 2015/03/29(日) 15:20:55|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<パンクといえば・・・ | ホーム | The Debutantes>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示