+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

THE WOOLIES

B00000348FEven More Nuggets -- Classics from the Psychedelic Sixties
Various Artists
Rhino / Wea 1989-10-26

by G-Tools
Nuggetsはもう聴かなくていいや、くらい思っていたが、デトロイトのガレージバンドの中では代表的と言っていいバンド・Wooliesはやはり手元に音源を置いておきたくてこれを手に入れた。

Wooliesはデトロイト近郊のDearborn出身のメンバーで構成されたバンドで1966年Dunhill Recordsからシングルを1枚リリースした。幾つかのコンピレーションに収録されているのはこの1枚からの2曲だけなのだがBo Diddley「Who Do You Love」はなかなかの名カヴァー。陽気なノリとリズム感はBo先生天性のもので本家にどうやっても敵わないものの、パワフルかつポップで親しみやすいアレンジになっている。
デトロイトでの活動についてはよくわからないが、Grande Ballroomではオープン2週目にMC5と共演している。
woolies posterartwork by Gary Grimshaw

彼らは70年代に入っても活動を続けアルバムもリリースしている。近年再活動をしており、アルバムのリイシューや編集盤CDをスイスのレーベルから出している。これが入手しづらい。
riderideride

ところで、Wooliesが収録された「Even More Nuggets」、ポップソング&パンク寄りのセレクトで結構好き。ボックスセットからさらに編集されたものはいくつかあるようで、これはその1枚。ボックスセット未収録の曲も加えられているようだ。ハズレがなく安心して聴けるが、PebblesやBFTGを聴いた後では‘真っ当’に聴こえてしまうのも確か。

  1. 2012/07/13(金) 22:14:12|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<さようなら | ホーム | SRC☆Milestones☆Traveler's Tale>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示