+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

ロシア民謡

突然口をついて出て来た歌がある。
「ウラルのグミの木」という確かロシア民謡に数えられる曲だと思う。
中学の音楽の授業で習ったのだが特に好きな曲で当時はピアノの伴奏用の楽譜も持っていた。

その関係で思い出したのが「エルベ河」や「アムール川の波」「モルダウの流れ」などなどロシア民謡や東欧のクラシックをベースにした曲の数々。
これが当時本当に大好きだった曲ばかりなのでよく覚えている。
歌詞ばかりか男性パートも女性パートもすべて歌える。
特にロシア民謡は物哀しい調べが美しく印象深い。
日本人には昔から好まれているジャンルらしいが日本人の琴線に触れるものがあるのだろう。
「ウラルのグミの木」は工場で働く2人の若者とグミの木に例えられた女性の淡い恋愛を思わせる歌詞と寒さ厳しくも美しいロシアの大地を想像させる歌詞が組み合わされた名曲。

それにしても中学校の授業でこういった曲を歌うということが標準的なことなのか、それとも先生の好みなのかよくわからない。
近頃は歌声喫茶で歌われることもあるらしい。
なんにせよ、いい曲ばかり教えていただいたと思う。
一生歌う(笑)

  1. 2012/05/30(水) 20:09:57|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0
<<LEE CONKLIN | ホーム | All Kinds of Highs a Mainstream Pop-Psych Compendium 1966-1970>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示