+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Pre - Garage Punk

プレ・ガレージもの2枚。
最近はいわゆるガレージ・パンク以前の曲(境は曖昧と言えば曖昧だが)も結構好き。

B0000061MMGo Go Go to Surfin School
Del-Tino's & Hesitations
Norton 1998-04-07

by G-Tools
2バンドの曲を収録。
The Del-Tino'sは後にBrownsville Stationを結成するCub Kodaが高校時代に活動していたバンド。Manchesterで1963年に結成したベースレスの3人組で3枚のシングルをリリースした。
もう1つのバンドがThe Hesitations。このバンドのことはよくわからないが、アルバムの副題に「RAW SOUTHERN MICHIGAN ROCK N' ROLL 1963-66」とあるところを見るとThe Del-Tino'sと同時期に同地区で活動していたバンドなのだろう。シングルを1枚リリースしている。

どちらもいかにも当時のアメリカらしいロカビリー、インスト・ロックン・ロールのバンドであるが、The Del-Tino'sの方がフラット・ロックから一歩抜け出した幅広い曲調でガレージ・パンク的要素が強い。ツイン・ギターがワイルドでとにかく活きがいい。Cub Kodaのヴォーカルも結構達者でポップスからブルースまでどんな曲も歌いこなしているが、終盤のブルース調の曲よりも前半のロックン・ロールな曲の方が持ち味が出ている。この人の音楽センスの良さにも感心する。
聴くと気分爽快になるお気に入りの1枚。

B00004HYGPSabre Records Story
Various Artists
Get Hip Records 2000-07-22

by G-Tools
デトロイトのレーベルSabre Recordsの音源集。
4バンド収録されていて、そのうち半分以上がThe Thunder Rocks。1959年頃から活動していたインスト・ロックン・ロールの5人組。ギター2人、サックス2人とドラム。これが下品なくらいにワイルドで暑苦しくて、ちょっとエロい(そしてカッコいい)!サックスがヴォーカルに負けないくらい歌っている!どれも同じように聴こえてしまうのはご愛嬌としても曲の入りはインパクト充分だし間奏のソロパートもあげあげムードいっぱい。これは踊るしかないでしょ。

まだ社会への怒りや不満を音楽にぶつけていない平和な時代。脳天気でひたすら楽しくってこれはこれで愛おしい。

  1. 2012/05/11(金) 13:59:43|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<DETROIT RUINS 4 : OLYMPIA STADIUM | ホーム | バスツアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示