+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

NO NO NO

B00000FDJ6No No No
Various Artists
Arf Arf 1998-11-19

by G-Tools
ARF!ARF!が贈るガレージ・パンク・コンピレーションの傑作。トレードマークの2頭の犬と並んでCHEEP!CHEEP!と鳴く2羽の雛鳥からもわかるように廉価盤である。そのため各バンドの説明が一切無いのは名曲揃いなだけに残念ではあるが‘boy loses girl’と書かれていることから失恋ソング集であることがわかる。
うじうじと情けないと言えば情けないのだが失恋というのは当然ながら人を感傷的にも詩人にもする。美しいバラード曲が満載で、まさにマイナーキー・パンクの宝庫。今までどのコンピレーションを聴いても「この曲が入らなければもっと良かったのに」という曲が少なからずあったのだが、ここではどの曲も聴くほどに愛しい。編集方針がしっかりしていることの成功例かもしれない。
我らがミシガン勢は4バンド4曲を収録。
The Wanted - Here To Stay
The Satisfactions - Never Be Happy
The Run-A-Rounds - I Can't Take You Back
The Monuments - You'll Find The Way

「I Can't Take You Back」は後半に向けてドラマティックに展開していく名曲。どこを切り取っても美しい。このバンドは「 I Couldn't Care Less」というガレージらしいラフなスピード感とこのバンドならではの哀愁を併せ持つ曲も持っていてこれもオススメ。

B00000FDJ3Yeah Yeah Yeah
Various Artists
Arf Arf 1998-11-19

by G-Tools
「NO NO NO」と対をなす「YEAH YEAH YEAH」も持っているがあまり聴かない。ワイルド系の曲を集めているとはいうがそれほどワイルドには感じない。ただ選択眼は確かでバラエティに富んだおもしろい曲が集められている。
ミシガンは2バンド3曲。
Midnight Shift - Never Gonna Stop Lovin' You
The Friars Of Youth - All You Wanted Was A Stand By
The Friars Of Youth - Sparrleyy Manurpuss

  1. 2012/02/29(水) 22:26:04|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<訃報 | ホーム | デトロイト・ロックン・ロール・クロニクル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示