+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

THE KEGGS

どこでその存在を知ったのか覚えてないが、Keggsは‘これぞガレージ・パンク’というバンドである。歌も演奏もどうしようもなくヘタクソで、そのヘタクソゆえに衝動性が生々しく伝わってくる。けだるいヴォーカルと合間合間のスクリームがたまらんし、ギターリフなんて実はよく出来てると思う。
剥き出しの過激さと素人らしい素朴さを併せ持ったバンド。

そのKeggsがデトロイトのバンドであることに最近まで気がつかなかった。1967年にシングルを1枚出したっきりだが、その2曲「To Find Out/Girl」はBack From The Graveに収録されている。
Keggsのように一発屋にもなれなかったバンドを世に知らしめたBack From The Graveの功績は大きい。



  1. 2012/01/31(火) 23:10:46|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<THE CICADELIC 60'S Vol.1: DON'T PUT ME ON | ホーム | Highs in the Mid-Sixties>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示