+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Highs in the Mid-Sixties

ミシガン・ガレージのコンピレーションもいいところ探し尽くした感がある。そんな中でアナログなうえに再プレスされていないとかで、そもそも入手が難しく最初から諦めていた存在がこのHighs in the Mid-Sixtiesシリーズ。Pebblesと同じAIP Recordsから出されPebblesの姉妹編として知られるこのシリーズはアメリカの州ごとに23枚のLPが1983年から1985年にかけてリリースされた。ミシガンは3枚ある。
もちろん私は持っていない。当初の発売から30年近くも経っているがぜひCD化して欲しいもののひとつ。

highs5
Side 1
1. The Mussies - 12 O'Clock, July
2. The Roadrunners - Roadrunner Baby
3. The Unknown - Shake A Tail Feather
4. The Bossmen - I'm Ready
5. Underdogs - Surprise, Surprise
6. The Run-A-Rounds - I Couldn't Care Less
7. The Boss Five - You Cheat Too Much
8. The Rationals - Turn On
Side 2
1. The Quest's - Shadows In The Night
2. Peter & The Prophets - Don't Need Your Lovin'
3. The Jammers - You're Gonna Love Me Too
4. Undecided - I Never Forgot Her
5. The Rationals - Little Girls Cry
6. Legends - I'll Come Again
7. The 4 Of Us - Baby Blue
8. The Blues Company - Experiment In Color

highs6
Side 1
1. The Yorkshires - And You're Mine
2. Underdogs - Friday At The Hideout
3. Jimmy Gilbert - Believe What I Say
4. Jimmy Gilbert - So Together We'll Live
5. The 4 Of Us - I'll Feel A Whole Lot Better
6. The Masters Of Stonehouse - If You Treat Me Bad Again
7. Renegades V - Wine Wine Wine
8. The Bossmen - Fever Of Love
Side 2
1. The Blues Company - Love Machine
2. The Blokes - All American Girl
3. Underdogs - Don't Pretend
4. The Chosen Few - It Just Don't Rhyme
5. The Bed Of Roses - Hate
6. The Jimmy Boyer & The Chocolate Pickles - Hey You
7. The Pleasure Seekers - Never Thought You'd Leave Me
8. The Blues Company - She's Gone

highs19
Side 1
1. The Tempests - Look Away
2. The Saharas - This Mornin'
3. The Decisions - Tears, Tears
4. The Royal Shandels - Be Careful With Your Carful
5. The JuJus - I'm Really Sorry
6. The French Church - Without Crying
7. Oxford 5 - Gloria
Side 2
1. The Iguanas - Again And Again
2. The Beaubiens - Times Passed
3. The Bells Of Rhymny - She'll Be Back
4. The Chessmen - You Can't Catch Me
5. The French Church - Slapneck 1943
6. The Assortment - Bless Our Hippy Home
7. The Orange Wedge - From The Womb To The Tomb

全体的にパンクなセレクトになっている。The Blues Company(またはThe Blues Co.)は特に好きなバンドで、ここでは3曲も入っている。リーダーでヴォーカルとギター担当だったTim Wardの上手いんだか上手くないんだかよくわからないのに不思議と色気を感じるヴォーカルと、ドラッギーな空気満載の飛んでる曲がたまらない。Tim Wardは後にソロアルバムも出しているというがこれは見つけていない。
Vol.6に収録のThe Blokes「All American Girl」とVol.19のThe Bells of Rhymny「She'll be Back」の2曲はDick Wagnerが曲作りに関わっていたようだ。

  1. 2012/01/27(金) 15:56:56|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<THE KEGGS | ホーム | THE DEBUTANTES>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示