+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

THE RATIONALS

B005LOIB8IRationals
Rationals
Big Beat UK 2011-11-08

by G-Tools
The Rationalsのスタジオアルバムのリイシュー。オリジナルはコレクターズ・アイテム、CDはブートのみという状況の中、初のオフィシャル・リイシューとのことである。私もそうだが、これを首を長くして待っていた人も多いと思う。
「Think Rational !」、「A-Square(of course)」をリリースしたイギリスのAce Recordsの仕事。オリジナルは1970年Crewe Recordsからリリースされた。

1963年にAnn Arborで結成。メンバーは、リードギターとヴォーカルのSteve Correll、ヴォーカルとギター、その他楽器もこなすScott Morgan、ベースのTerry Trabandt、ドラムのBill Figgの4人。他のバンド同様、The Rationalsも最初はカヴァー曲でデビューしたがオリジナルも早くから作り、その後もオリジナルとカヴァーのバランスがとてもいいところが魅力のひとつ。
初期は曲作りの中心はScott Morganのように見える。このアルバムではオリジナル曲はメンバー全員の名前がクレジットされていて、それぞれが全力を尽くした渾身のアルバムだったのだろう。聴いてみるとSteve Correllの気迫が特にすごい。彼はリード・ギターの他に3曲でリード・ヴォーカルをとっており、歌も演奏も弾けてどこかに飛んで行きそうな勢いだ。すっかりガレージパンクらしさは薄れ、ソウルやブルース系の大人っぽい曲が並ぶ。ガレージパンクのファンの多くは10代の少女たちで、The Rationalsも女の子の黄色い声援を浴びていたわけだが、彼らだっていつまでもティーンではない。アイドル路線からの脱皮と、音楽性のさらなる追及を図っていたことが感じられるが、どこか肩に力が入りすぎているような気がするのは私だけだろうか。バラードですらスリリングに感じるのはそんなところに原因があるのでは。

おもしろいと思ったのは「Ha-Ha」が「Think Rational !」に収録されていたものとかなりアレンジが違うこと。実験的と言ってもいいような凝った構成やエフェクト処理になっている。聴きどころはボーナストラックでスタジオ・ライブ・テイクの「Wang Dang Doodle」。モノラル好きの私としては「Guitar Army」のシングルヴァージョンもうれしい。

このアルバムをリリースして程なくThe Rationalsは解散する。アルバムのセールスは芳しくなく、最後の方はマネージメントや金銭に関するトラブルに巻き込まれていたようだ。Scottには他のバンドへの引き抜き話もあったがThe Rationalsでの活動にこだわってその話を断ったとの話もある。ScottとTerryは翌年Guardian Angelを結成し、シングルを1枚出している。90年代に再結成も果たしたが、昨年Terry Trabandtが亡くなったことで今後4人での再結成がなくなったことを思うと残念でしかたない。

  1. 2012/01/18(水) 17:18:56|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<新潟とJAZZ | ホーム | The Cherry Slush / The Sheffields>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示