+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

The Cherry Slush / The Sheffields

2131sma
The Cherry Slushを聴くことのできるCDというと、この「2131 South Michigan Avenue」しか今のところ見つけていない。このコンピレーション、題名を見て「ミシガン州のコンピレーションか!?」とうっかり購入ボタンを押してしまいそうになるが落ち着いてよくよく見てみると副題にある‘U.S.A. and Destination Records’というのはシカゴのレーベルだということがわかる。どうやらレーベルのあった通りの名前らしい。
ただし、シカゴは地図で見る限りアメリカという大きな国土からするとミシガン州西部からはかなり近い。ミシガン州東部のバンドがニューヨークに向かいやすいのと同様に西部のバンドがシカゴに向かうというのは当然のことなのかもしれない。このコンピレーションにはThe Cherry SlushとThe Sheffieldsのミシガン出身2バンドが収録されている。

The Cherry Slushの収録曲はDick Wagner作の「I Cannot Stop You」と「Gotta Take It Easy」(ともにU.S.A. Records)。The Cherry Slushの曲はこのレーベルのイメージとは違うように私は思う。よりラフでワイルド。過剰な編曲はない方がいい。ミシガンでレコーディングしたという音源はどこかに埋もれているのだろうか。
The Sheffieldsはミシガン州Holland出身で、ここではDestination Recordsの「Do You Still Love Me」が収録されている。このバンドはFentonでもシングル・リリースしていて、どちらも爽やかで健康的な青春ソング。メンバーの一人が作曲していたようだ。

シカゴのガレージ・バンドに関する予備知識はほとんどなく、知っているバンドといえばThe Shadows Of KnightとThe Buckinghams、The Flockくらい。そのThe BuckinghamsとThe Flockがこのコンピレーションに入っている。全体的にレトロ・ポップで、いい意味でまとまりのある曲が多い印象。バランスのとれたコーラスのバンドばかり。最初に聴いた時には‘きらびやかだなぁ’と感じたが、堅実なプロダクションのレーベルである。
リイシュー・レーベルはSUNDAZEDで、音といいデジパックのデザインといい、さすがはいい仕事ぶり。2009年リリースと新しいので入手しやすい。

Disk1
1. The Lost Agency - One Girl Man
2. The Shady Daze - I'll Make You Pay
3. Oscar Hamod & The Majestics - Got To Have Your Lovin'
4. The Foggy Notions - Take Me Back And Hold Me
5. Lord & The Flies - Echoes
6. The Messengers - Midnight Hour
7. Ronnie Ross & The Good Guys - If You Ever Go
8. Oscar Hamod & The Majestics - Soul Finger
9. The Jokers - I'll Never Let You Go
10. The Sheffields - Do You Still Love Me
11. The Great Society - I'm The One For You
12. The Cryan' Shames - Ben Franklin's Almanac
13. The Foggy Notions - Need A Little Lovin'
14. Oscar & The Majestics - I Can't Explain
15. The Buckinghams - Don't Want To Cry
16. The Boyz - Come With Me
17. The Cryan' Shames - You're Gonna Lose That Girl
18. The Cherry Slush - I Cannot Stop You
19. The Lost Agency - Time To Dream
20. The Buckinghams - Rowe Jukebox Promo

Disk2
1. The Counts - Stop Cheating On Me
2. Trafalgar Square - Til The End Of The Day
3. The Boyz - Hard Time All Over
4. Lord & The Flies - You Made A Fool Of Me
5. The Ricochettes - I Don't Want You
6. The Messengers - Hard Hard Year
7. Oscar Hamod & The Majestics - No Chance Baby
8. The Jokers - What'cha Gonna' Do
9. Gary & The Knight Lites - I Don't Need Your Help
10. The Flock - Are You The Kind
11. The Daughters Of Eve - Help Me Boy
12. The Buckinghams - I'm A Man
13. Oscar Hamod & The Majestics - My Girl Is Waiting
14. Michael & The Messengers - Life (Don't Mean Nothin')
15. Park Avenue Playground - The Trip
16. Park Avenue Playground - I Know
17. The Cherry Slush - Gotta Take It Easy
18. The Flock - What Would You Do If The Sun Died
19. The Lost Agency - Time To Dream
20. The Daughters Of Eve - Radio Spot

The Five BucksというAnn Arbor出身のバンドもU.S.A. Recordsから「Breath Of Time /Without Love」(1967年)をリリースしているが、このコンピレーションには収録されていない。

  1. 2012/01/17(火) 23:37:48|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<THE RATIONALS | ホーム | Dick Wagnerの仕事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示