+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

COLD SUN



テキサス・サイケの名盤。
ようつべでテキサス・サイケをいろいろと試聴したにも関わらずどれもこれも受け付けず、唯一「おっ!いいじゃん」と思えたバンドである。
許容範囲狭いなぁ、私。
オリジナルの1970年作アセテート盤が激レアで以前は幻のアルバムだったという話がどこを読んでも書かれているが、一体何枚あったんだよオリジナル盤!

とにかく最初の3曲がすばらしい。
サイケデリック・ロックを聴くようになって本当によかったと思えるくらい。
何度も繰り返し聴いても4曲目以降が未だに集中して聴けない。悪くはないのだが。
それだけ最初の3曲が何度聴いても新鮮な感動があるということ。

フロントマンで主な作曲者でもあるBill Millerがオート・ハープなるものを演奏するのがこのバンド最大の特徴。
オルガンは入らず、オート・ハープとギターの息が合ってるんんだか好き勝手に演奏しているんだかよくわからないハーモニーが「これぞサイケ」というアシッド臭たっぷりの音を生み出している。
不協和音と思いきやギリギリのところで絶妙なバランスが保たれ、ざわざわと心を揺らす不安定感の中から痺れるような甘美な音があふれ気分は一気に彼の岸へ。
万華鏡のように変化し、手を伸ばしても掴むことができずむしろ遠ざかっていく虚無感みたいなものや儚さのようなものも感じる。

こうなるとロッキー・エリクソンの影響とかなんとかはどうでもいい。
そういう観念は頭からすっぽり排除して聴いて欲しい1枚。

しかしテキサスはサイケ・ガレージともにバンド数が多い多い。
コンピもたくさん。
うらやましい。

  1. 2011/09/21(水) 22:06:04|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0
<<MICHIGAN MAYHEM !Vol.1 | ホーム | RAMMSTEIN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示