+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

デトロイトとガレージ・パンク

ミシガン州のガレージ・バンドを本腰を入れて聴くようになって思い出したことがある。1966年以前と以後のガレージ・ロックはひとつの流れなんだということだ。
いつの間にやらデトロイト・ロックとガレージ・ロックを別物として考えていた。もちろんプロト・パンクと後に呼ばれるバンドが活躍したGrande Ballroomの全盛期(1968年、1969年頃)とGrandeがオープンしたばかりの1966年から1967年の前半はバンドの質は多少違うと思う。Stoogesからイメージするデトロイト・ロックを追いかけていた時はそれ以前のガレージ・パンクは別物だと思っていたし、実際聴いてみると別物に聴こえた。
わずかな間に生まれた違いは大きいかもしれないが、出発点は大きくは違わなかったはずだ。

アンチ・ヒッピー、アンチ・フラワーを体現した、より攻撃的なバンドが現れ、それが主流の一つになっていくことで後のパンクに直接つながっていくデトロイト独特のスタイルが形作られる前は、やはりデトロイトのバンドにも前時代のガレージらしい無邪気さや小奇麗さがあった。IggyもMC5も最初はカヴァー中心のそうした前時代のガレージ・バンドからキャリアをスタートさせた。
とは言うものの、デトロイト・エリアのガレージ・バンドというのはミシガン州の他の地域のバンドに比べ曲調は明らかに荒っぽくうるさい。衝動的でラウドなロックの下地は元からあった。時代や地域環境のバックグラウンドもあり、聴衆の多くもバンドたちに破壊性を求めたのだろう。

オープン当時のGrandeの出演バンドといえば、もちろんMC5がいる。1966年当時彼らがどんなロックをやっていたのか私はわかっていない。当時の音源もあるようなのでいずれ押さえたいところ。
他にはNuggetsボックスのVol.2に登場するThe Woolies、Michigan Nuggetsに収録されているThe Southbound Freeway、Iggyがかつて居たThe Prime Movers(Iggyが出演したかは不明)、SRCのフロントマンであるScott Richardson、Ron Asheton、James Williamsonが居たThe Chosen Few、The Gang、The Plagues、The Unrelated Segmentsなどなど、今で言うガレージ・パンク・バンドだらけだ。67年になるとThe Rationals、The Up、Scot Richard Case、The Thymeなどが頻繁に出演するようになり、Cream、The Vanilla Fudgeといった大物も登場。ぐっとデトロイト・ロックの舞台らしくなる。

Grande常連バンドはサイケ度が低め。そこのところも個人的には好ましい。
デトロイト・ロックはパンクのプロトタイプのように言われることが多く確かにそういう要素のあるバンドが目立つが、Motown好みのバンドもあればアシッド・フォーク系のバンドもある。デトロイト・ロックという枠を外してみれば同エリアにだってサイケデリック・モンスターは存在する。デトロイト=プロトパンクというイメージばかりではもったいない。ガレージロックも含め大きく捉えていくと興味がより深まる。

  1. 2011/09/08(木) 21:38:53|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:2
<<BUMP2 | ホーム | Raw Power Live: In the hands of the Fans>>

コメント

Re:

MC5やStoogesが突然変異的に出て来たわけではないことはわかるんですが、それでも短い期間に彼ら以前のバンドとの違いが大きくなったのは興味深いです。
西海岸とも明らかに違う発展をしてるし。
デトロイトのバンドは地域性や独自性が強いですね。

  1. 2011/10/06(木) 22:53:48 |
  2. URL |
  3. さるる #-
  4. [ 編集]

66年のティーン・パンク・サウンドとエレクトラで出されたMC5,Stoogesのアルバム群、いわゆるデトロイト・メタルは当然つながっている、はずなのですが、これがわかりにくい・・・

MC5は、ジョン・シンクレアに出会う前は、当然ティーン・パンク・バンドでした。バトル・オヴ・ザ・バンズに出て、セグメンツに敗れたリしているし、モッズ・スーツに、あロブ・タイナーはまだモップ頭だ・・・66年の未発や初期のシングルを聴けば、そう納得するのですが。

ただ、60年代中期のバンドがPunkとして再評価されるのは、70年代になってからです。(71年あたりに、デトロイトのクリーム・マガジンがミステリアンズを「パンク・ロック」と絶賛した)それまでは、ヒットしてもしなくても、ティーン・ポップ。だから、時代的にはエレクトラ・アルバムに先行しているが、認識としては「後」なんですよね。


  1. 2011/10/06(木) 00:04:49 |
  2. URL |
  3. mad+peck+studio #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示