+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

BEATLESとROLLING STONES

Stoogesや70年あたりのアメリカのバンドの曲ばかり聴いていた時は彼らに多大な影響を与えた初期のThe WhoとThe Rolling Stonesは絶対聴かないといけないなーと思っていた。
RonとDaveは英国まで行ってThe Whoのライブを見て来たくらいだし、Iggyは特にBrian Jonesがいた頃のStonesからの影響を感じさせる発言をしていたしで、彼らがバンド結成した頃のアルバムは必須と思いつつ、まだ買って聴いていない。
The Rolling Stonesはひっそりと苦手意識がある・・・

そうこうしているうちにガレージ・ロックを聴くようになったらこれまた必須と感じてきたのがThe Beatles。
Iggyたちが特にBeatlesの話をしているのを見たり聞いたことはないけれど、あの時代Beatlesを聴いたことがない若者なんてほとんどいなかったと思うしね。
ガレージ・バンドの多くがBeatlesのカヴァーをしているし、モロに似た曲もよくある。
アメリカの人気バンド・The Byrdsの影響も大きい。
The Byrdsの場合、ベストをまず聴いてどの時代が私は好きか探ってみたらやはりGene Clark在籍期が現時点では一番好きだ。
Geneのコーラスが最高。
個々のアルバムを聴くのは優先順位の関係で後回しになっている。

Beatlesはどれを聴いていいのかわからなくてずっとまともに手をつけて来なかった。
初期とサイケ期は押さえたいところ。
ファンの人は最初から全部聴けって言うだろう。
でもまずは手始めに赤盤かな。

THE BEATLES 1962 - 1966

もともと好きだけどね、Beatlesは。
子供の頃から何かと聴く機会があって聴き慣れてるし、いい曲ばかり。
でもハードロックやヘヴィメタルを聴いていた頃はCDを買って聴いてみようとは思いもしなかった。

Chuck Berry、Bo Diddlyに行き着くのはいつだろう。
Bob Dylanも。頑張ってJohn Coltraneも。
どこか途中で挫折して行き着かないかもしれない・・・

どうしてコレクションしている人って焦るかね。
焦らない、焦らない。


  1. 2011/07/09(土) 21:28:25|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0
<<SCOTT ASHETON、ツアー離脱 | ホーム | 刺青と天然マッチョ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示