+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

IGGY POPのMV

ミュージックビデオというものが一般化した80年代からIggyもミュージックビデオを作っている。
今のところ私が見たことがあるもので一番古いのはアリスタ第一弾79年の「New Values」から「I'm Bored」と「Five Foot One」。
セットらしいセットもなくIggyが荒々しく踊り歌う姿は見方によってはふてくされても見える。

私が好きなものをいくつか。
86年のヒットアルバム「Blah Blah Blah」収録の「Cry For Love」。
もうすぐ40代のIggyはドラッグの問題を克服しジムで体を鍛え健康的な生活を送るようになっていた。
もちろん動きは軽快。切れ味抜群。
しなやかな筋肉が生む動きはプロのダンサーを思わせるほどだが、どこか笑いを誘ってしまうのはIggyならでは。
キャリア中でこの頃が一番体がしぼれて動きがいい気がする。

93年の「American Caesar」収録の「Wild America」は豪快で皮肉たっぷりIggyらしさ全開の大好きな一曲。
MVがとにかく楽しくてユーモアがあってIggyの百面相がかわいい。
「Beside You」は一転してしっとりしたラブソング。
モノクロの映像は荒廃した近未来のような設定で、Iggyがこういう映画に出たらよかったなぁ(過去形)と思ってしまうかっこよさ。
ちなみにこの曲、共作者は元Sex PistolsのSteve Jonesである。

あと、映画「アリゾナ・ドリーム」で使われた「In The Death Car」でダッチワイフと写真を撮っているMV、Peachesと組んだ「Kick It」でゾンビをバッタバッタとなぎ倒して行くMVも大好き。

こうしたMVはYouTubeで見ることができるのがヒジョーにありがたい。
いいのか悪いのかコレクターズアイテムのDVDも流通してるし。
なにかと楽しめるのはよろしい。

  1. 2011/04/28(木) 17:56:18|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<OIL CITY CONFIDENTIAL | ホーム | デトロイトの廃墟たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示