+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

POWER OF ZEUS

B004L1ECVMTHE GOSPEL ACCORDING TO ZEUS
THE POWER OF ZEUS
GET ON DOWN 2011-03-09

by G-Tools
このバンドを知ってから2年近く経ってようやく出会えた「The Gospel According To Zeus」。思っていたよりいいバンドで、アルバムを聴くことができることに感謝。

ヴォーカリスト兼ギタリストのJoe Perianoを中心に1968年にデトロイトで結成された。ベースにBill Jones、ドラムにBob Michalski、オルガンにDennie Weberの4人編成。UK勢やサイケデリックの影響を受けた音楽をやっていたと言われるバンドながらMotown傘下のRare Earthと契約し、1970年「The Gospel According To Zeus」をリリースした。Rare Earth初のハードロックバンドだったとか。ところが、彼らに対するレーベルの扱いや、バンドの生の音が正しく録音されなかったという不満から間もなくMotownを離れる。

その後はバンド活動自体うまくいかなかったと思われる。当時のデトロイト等のナイトクラブやホールでのギグの記録を探してもPower Of Zeusの名前は見つからない。Joe PerianoはしばらくはMotown関係の仕事をしていたらしい。他のメンバーのその後の活動はわからないが、Dennie Weberは80年代半ばにドラッグが原因で亡くなっているし、Bob Michalskiも既に亡くなっているそうだ。

たった1枚のアルバムを残しただけで消えてしまったPower Of Zeusだが原盤は超レア盤として人気が高い。ヘヴィ・サイケの名盤としても評価が高いのだが「The Sorcerer Of Isis」をヒップホップ界の大物NASがサンプリングしたことで値段が高騰。ドラム・ブレイクがヒップホップ好きには超有名だそうだが、このあたりは私は門外漢なのでこれ以上は書かない。

たしかにRare Earthからリリースしただけあって全体的にファンキーかつポップ。もしかしたらこのことがメンバーには不満だったのかもしれない。サイケデリックの印象はそれほど残らないし、ましてやハードロックとしても弱い。ギターがあまり前に出てこない分ヘヴィさが抑え目だ。それでもダイナミックな演奏といい、アレンジもサイケデリックにありがちな奇想天外というよりは変幻自在という感じでカッコいい。
個人的にはヴォーカルの声が好きなうえ、#7「Uncertain Destination」が私にとってはキラーチューン。もうそれだけで胸がいっぱい。ハープシコードの音色が美しいスケールの大きさと繊細さを兼ね備えた名曲。ステレオ録音の左右チャンネルの振り分けに工夫があって曲に奥行きを与えている。
全体的にハモリも好き。ヴォーカルはもう一人いるような?ベースの人もヴォーカルとってる?曲によっては同じヴォーカルに聴こえないのだけど、アルバムにはヴォーカリストがまったく明記されていないのでよくわからず。

私はケチって輸入盤を購入したが、輸入盤の日本盤仕様も流通している。

  1. 2011/04/20(水) 20:45:15|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<Happy Birthday ! | ホーム | WAZOO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示