+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

I’m a Man

Mystic Sivaがカヴァーしている「I'm a Man」。
白人ブルースの名曲中の名曲。

アルバム聴く前は「Prime Moversがやってた曲じゃん」て思った。
そう、The Prime Movers。Iggy Popがまだ二十歳のJames Osterbergだった頃、まだドラマーだった頃のバンド。
聴いてみたらなんだか違う曲?
よく見るとPrime Moversの方はEllas McDaniel(Bo Diddleyの本名)、Mystic Sivaの方はWinwood、Millerとなっている。
同名異曲というわけだ。

Winwood、Millerって誰?ということだが、もちろんこれは私が無知なだけで。
イギリスのバンドThe Spencer Davis Groupの看板オルガン奏者であるSteve WinwoodとプロデューサーのJimmy Millerによって書かれた曲である。
このWinwood、当時はまだ10代だったようでバンド内でも一番の若年だった。
ところがファンキーなオルガンやギターをこなすのはもちろんのこと、なんといっても歌がうまい。
リードヴォーカリストを差し置いて本格的なブルースを聴かせてしまう天才肌。
イカした曲を作るセンスも耳のよさ、喉のよさも真似しようとしてできるものではない。
「I'm a Man」はヒットしたものの、この後Winwoodはバンドを離れ自身のバンドTrafficを結成する(このバンドなら私でも名前は知っていた)。

「I'm a Man」のカヴァーといえば、Chicagoが一番有名のようだ。
ちなみにBo Diddleyの方はThe YardbirdsやThe Whoもカヴァーしている。


今年の後半はUSと平行してUKにも手を出してみようかな。



  1. 2011/03/26(土) 21:12:49|
  2. Cover
  3. | コメント:0
<<変ジャケ | ホーム | THE DARKNESSが再結成してたとさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示