+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

RON'S GEAR

「A Thousand Lights」でNatalie Sholossmanが序文として70年の思い出を語っている。
その中でRonについての文章に‘red Flying V in his hands’とあったのがひっかかった。
赤いStratocasterなら当時の写真でよく見るが赤いVは見たことがない。
VといえばRonのシグネイチャーモデルを作っているReverendのVモデルぐらいしか見た記憶がない。
調べたがよくわからなかった。

Vintage Guitar Magazineという雑誌の2002年の記事でRon所有のギターについて少しわかる。(ただし英語なので私の解釈はあやしい)
9歳の時から所有していたMartinのギターをお金が必要になって67年か68年に売ったこと。
最初のエレキギターはTelecasterで、これは当時The YardbirdsのギタリストだったJeff Beckの影響があったこと。
だが、求めていたダーティな音に対してテレキャスの音がクリーンに感じあまり使用しなかったらしい。
彼はJimi Hendrixの音をイメージしていたようだがまだまだテクニック不足だった。
さらにDave Alexanderがベース担当になった時、彼からGibsonのMelody Makerを買ったが満足しなかった。
その後、当時多くのギタリストが愛用したFuzz Faceなどのファズボックスに出会いイメージの音に近づいていく。
間もなくメインギターがストラトになるのだが、ここでSRCのGary Quackenbushから買ったというFlying Vが出て来る。
1stアルバムのレコーディングに主に使った?というギターがこのVなのかストラトなのかがわからない。
わかる人には聴くだけでわかるんだろうけど。

所有したストラトで最高だったのは57年製のメイプルネックだったが、これも手放したらしい。
(プリーズ・キル・ミーでバンドメンバーが勝手に売ってしまったギターについて書かれていたはずだけどこのギター?)
今ではかなりの高値になってるようで。うーん、もったいない。

後はベースの話やアンプの話もあった。
Sunn 200sというベースアンプの話やMarshallの組み方の話。
それからBarre Chords(バレーコード。一本の指で複数弦を一度に押さえるコード)のこととか。

DAM時代は写真を見るとストラトじゃなくてLes Paulを使っている。
近年はReverendが多かったけど、ストラトやSGもどこかで見たような。

元記事は興味があればこちらへどうぞ。辞書は必要だけどなかなかおもしろい。
http://www.vintageguitar.dreamhosters.com/2863/ron-asheton/

※追記
Wikiにもギアについて書かれていて、赤いかどうかは不明ながらGibsonのVもある。

  1. 2011/02/18(金) 21:30:02|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<DIRTY WATER | ホーム | MYSTIC SIVA>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示