+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

MYSTIC SIVA

B000231WSEUnder the Influence
Mystic Siva
Woins

by G-Tools
これ好きだわ。かなり好き。先月買って一回聴いたっきりになっていたのに、一度聴き出したら止まらない。他のCDを聴いても結局次はこれを聴いてしまう。

B000231WS4Mystic Siva
Mystic Siva
World In Sound

by G-Tools
先にリイシューされていたのはこの1970年の唯一作で、これが今ではマケプレくらいしか見当らない。でもサイケ好きからは高評価の作品。ああ聴きたい。ああ欲しい。

上の「Under The Influence」は1969年・1970年にデトロイトで録音された未発表曲集。今まで見た中で一番紙質のいい、がっしりとした豪華といってもいいくらいのデジパック仕様で、崩壊した都市や失われた文明を思わせるジャケットアートがこれまた良い。Eric Christofelという無名のアーティストながらSFなんだかオカルトなんだか、近未来なんだか古代なんだかよくわからない世界観とヘタウマな味わいで、気が付くと手にとって眺めているという。
リイシューしたのはWorld In Soundというドイツのレーベルで、ここからはもう1枚Christofel画のCDを見つけることができる。


ちょっと脱線したが、このバンドのいいところは10代のバンドのわりには老成しているところが好ましい。
演奏や歌が特に上手いというのではなく(ガレージバンドとしてはなかなか上手い部類では?)、拙いながらも彼らなりの音楽の追求度が深いということ。それぞれの曲の構成も凝っていて、全体的にテンポも曲調も単調なのに飽きが来ない。
もちろんこういうバンドは未熟さも味であって、未熟さゆえの時にあやういバランスにドキドキしたり、時折見せるキラリと光るものにワクワクしたりするのである。

11曲中カヴァーが3曲、残りはオリジナル。カヴァーのうち一曲はSRCの「Black Sheep」。まったり感はそのままにメリハリがなくなって・・・余計な音や声が入ったりするあたり、リハの生な空気を感じる。
ヴォーカルは最初「Iggyを意識してる?」と思ったけど、Jim Morrisonの方かな。まぁ、この時期のデトロイトのバンドならIggyの影響も充分あるだろうけど。
しかし、どこを切り取ってもこの時代らしいサイケデリックな音でとにかく楽しい。

  1. 2011/02/17(木) 23:12:31|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<RON'S GEAR | ホーム | DAVID CARLIN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示