+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

THE STOOGES

stooges1st

ワーナーミュージック・ダイレクトから購入したもう一つの企画モノというのがコレ。
The Stoogesのファーストアルバムのコレクターズ・エディション。
ロックの殿堂入りを記念してRhino Handmadeがリリースしたもの。
一般的に出回っているデラックス・エディションにも収録されているOriginal John Cale Mix等に加え、未発表テイク・ヴァージョンと未発表曲「asthma attack」が収録されている。
CD2枚に加え「asthma attack」のテイク違いが入った7インチシングルレコードが7インチ正四方形ボックスに収められているという仕様。

デラックス・エディションを持っていない私としては未発表曲という目玉付きのこいつは買わずにはいられない代物だったわけで。
でも、よく見るとデラックス・エディションにはあってこちらにはないテイクもあるみたい。
結局は全部買うはめになるのかな。

まず一番に何に感動したかというと音がいいこと!
私が持っているCDはリマスター前のもの。
リマスターによって音がクリアで迫力が増している。
でも好きなのはモノ・ヴァージョンだったりするけど。
抑圧された音なんだけど、うねっているんだよね。
ヴォーカル違いのヴァージョンも楽しいし、ヘタクソさがよくわかるテイク違いもおもしろい。
John Caleのミックスはベッタリと重くてサイケ。
Iggyたちが求めていた音とは方向性が違ったのはよくわかる。
うまく表現できないけど、妙にスカッとしない。悪い意味でなく不快。
なんというか胸の中にどろどろっと残るものがある。
呪われそう(笑)
これは聴く価値あるよ、ホント。

そうそう忘れるところだった。「asthma attack」。
Fun Houseに入ってもおかしくない曲。
歌というより叫んで吼えてる。Iggy吼えすぎてむせてるし。
ちょっと実験的過ぎて収拾がつかなくなっている感じはある。
ジャム・セッションから生まれるのかな、こういう曲は。


最後にミーハー観点で。
今回使われている写真はJoel Brodskyというフォトグラファーによるもので、ファーストアルバムのジャケット撮影の他の写真が入っている。
「The Authorozed and Illustrated Story」に載ってない写真もあって、これがいいのだ。
4人全員やけにハンサムに写っている写真はあるし、特にAsheton兄弟がかわいい。
Scottはまだ20歳くらいだったもんなぁ。若いわけだ。
Daveは写真によっては美形なんだよね。
Iggyの名前がIggy Stoogeになってる!初めて見た(笑)
とにかく極めつけはRonの笑顔!!!
なんかもぉ、生きててよかった!(Ronは死んじゃったけどサ)って思うくらい幸せ気分になれる笑顔。
Ron、好きだ大好きだ!
これだけStoogesが好きなのは間違いなくRonがいたからだと思う。
現Iggy & The Stoogesにはあまり興味が湧かない。
おかげで今年はFun Houseに惚れ直した。
うーん、7枚組も欲しくなってきたなー。

  1. 2010/12/12(日) 22:09:05|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<冬到来 | ホーム | HAVE SOME FUN>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示