+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

WHITE LIGHT/WHITE HEAT



多くの人はNicoが参加した‘バナナ’を挙げるけれど、私はこの2ndアルバムの方が好きだ。
最初から最後までイカレっぱなし。
実験的でアヴァンギャルドで、まさにヤク中が生んだ音。
ルーツも背景も感じられないその一瞬一瞬に生まれた生々しい音。
Lou Reedには興味はないし演奏も歌もヘタクソだがそんなことはどうでもいい。
この不協和音が混沌が気持いいのだ。

これが68年作だから、Iggyたちはこれを聴いた後でデビューアルバムのレコーディングに入ったはず。
影響はもちろんあったろうし、本人達は「John Caleのブロデュースだから」と言葉に出さずとも期待はしていただろう。
このアルバムを聴いてこのアルバムが好きなら期待するのは当然だ。
事実Iggyはヴェルヴェッツを聴いていたし好きだったと言っている。
フタを空けてみたら期待とは違ったようだが。
後にセカンドアルバムで「L.A.BLUES」のようなインプロヴィゼーションの一曲をアルバムのラストに持ってきたあたりもヴェルヴェッツの「Sister Ray」が意識的か無意識にかあったのだと思う。
同じ即興音楽でもヴェルヴェッツの方が1枚上手なところはしかたない。
ワイルドでありながらも洗練されているのはやはりヴェルヴェッツの方で17分に及ぶ長尺もあっという間。
Lou ReedとJohn Caleの間にあるライバル意識や緊張感ももちろん音楽性と無関係でなく、この点でも人間関係に特に問題を抱えてなかったと思われるStoogesとは異なる点ではあった。

もちろん両者はまるで別物で単純比較すること自体が愚かしい。
それでもついつい比べてしまう。

ところで、IggyとLouの交流についてはさっぱりわからない。
お互いに嫌いだった、というイメージが私にはあるが、実際はどうだったのだろう。

  1. 2010/09/28(火) 21:16:05|
  2. Iggyと出逢った人々
  3. | コメント:2
<<KENNETH ANGER | ホーム | FROST MUSIC>>

コメント

Re:

> 通りすがりさん

今はどうかわかりませんが、昔はお互いに意識してたんでしょうからね。

ルーはイギー以上に個性的というかヘソ曲がりタイプのようだから、相手を好きだとしても素直に好意を表さなそうな気がします。


  1. 2011/01/25(火) 20:46:36 |
  2. URL |
  3. さるる #-
  4. [ 編集]

ルー・リードは最初はイギーのことをあんまりよく
思ってなかったらしいです。
イギーはジム・モリスンの下手なモノマネだと評価していました。
でも最近では大好きなアーティストだと言っていました。
  1. 2011/01/25(火) 14:18:29 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示