+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

FROST MUSIC

B000000EEMFrost Music
Frost
Vanguard Records 1993-05-06

by G-Tools
Dick Wagnr率いるThe Frostのデビューアルバム。1969年作。

Wagner先生(スミマセン、私が勝手に呼んでる愛称です)のバンド歴はこの頃既に長く遡ること10年前、高校時代に結成したThe Invectivesがファーストバンド。その後The Eldoradosというバンドを経て1964年からThe Bossmenで活動するようになった。解散する67年までにシングルレコードを何枚か出している。

解散後、ドラムのPete WoodmanはPopcorn Blizzardへ。
そしてWagner先生は同年にDick Wagner & The Frost(s)を結成。(後にThe Frostに改名。)
いかにも60年代のラジオで流れてきそうなポップ路線から、よりハードな音に変わった。とは言ってもWagner先生の作る曲の真骨頂はポップでドラマティックな展開にある。The Frostでも胸がせつなくなるような美しいメロディは健在。一曲目から泣きのWagner節が炸裂。個人的にDick Wagnerの歌声が好きなのでこのあたりも胸キュンポイントだ。
音については当時ハードで重厚な音を出していたバンドは他にたくさんいて、そういうバンドに比べるとどうしても音の軽さは感じる。曲はいいけど生ぬるい?と感じる人は前に紹介した2nd「Rock and Roll Music」の方がライブ収録曲もあってハードさが出ているのでオススメかもしれない。3rd「Through The Eyes Of Love」は未聴。
それにしても「A-SQUARE(OF CORSE)」に収録されている「Mystery Man」とこのアルバムに収録しているのはバージョン違いはバージョン違いでもかなり違う。あちらがシングルバージョンなのだろうか。こっちの方が懲りすぎてクドい。他にはギター弾きまくりの曲やインスト的な曲もあって、このあたりがUrsa Majorにつながっていくのかなと感じた。アルバムのラストを飾る「Who Are You?」のギターアレンジなんてちょっとUrsa Majorの「Sinner」を思わせる。

その後、1971年頃にDick Wagnerはバンドを離れる。この頃デトロイトの多くのバンドが解散なり自然消滅しているのでWagner先生が次のステージに進んだのは時代の流れだったのかもしれない。他のメンバーはThe Frostとしてバンドを続けたが長くは続かなかったようだ。
そしてWagner先生はニューヨークでの短いUrsa Majorの活動後、ソングライター・ギタリストとしての才能を発揮してLou ReedやAlice Cooperとの仕事で成果を残していくわけである。

  1. 2010/09/27(月) 23:17:24|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<WHITE LIGHT/WHITE HEAT | ホーム | STOOGESの前座時代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示