+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

YEAR OF THE IGUANA



アメリカのBOMP RECORDSが97年に出したIggy And The Stoogesの編集盤。
手元に届いたCDはプレスを重ねたためかジャケットの文字の色がピンク。

このBOMP!はStooges解散後の70年代から未発表音源をリリースしていたレーベル。
Iggy & James Williamson名義の「Kill City」(1975年制作、77年リリース)は決してブートレグではなくきちんとロイヤリティも支払われていたようだから、その後BOMP!から出た編集盤もバンドが存在しない限り非公式と言って間違いはないだろうけど、ブートとは言い切れないのかもしれない。
実際、Stoogesの写真集のディスコグラフィーでは〔bootleg〕と断っているレコードがある一方でBOMP!やSkydogには表記されていない。
このCDには各曲の権利の所在はもちろん明記されている。
76年にフランスのSkydogが出した「METALLIC K.O.」は最初に非公式で出たレコードであり、Stoogesの74年のラスト・ライブを収録していることで有名。
その後、80年代、90年代とものすごい数のレコードやCDが各国レーベルから出されるわけで。
音源の出どころはメンバーその他なんだろうけど、音が悪いのはもちろんセンスのないジャケや使いまわしのどこかで聴いた音源なんていうのもよくある話。

その点、BOMP!は比較的質のいいものを出している印象はある。
この「Year Of The Iguana」はライブ音源もあるがリハーサルやアルバム制作に伴って録音されたものが多く、ある程度完成されたヴァージョンが選ばれていて、演奏がしっかりしているし音もいい方ではあるので聴き応えがある。
各音源の出どころも解説されていて、ご親切にも自社の製品ナンバーを添えて別バージョンを紹介している。

Stoogesはオフィシャルで出したスタジオアルバムはたった3枚だが、エレクトラ時代はもう1枚アルバムを出す予定ではいたし、IggyとWilliamsonのコンビの曲はレコーディングされていないもののライブではかなり演奏されていたしで、公式には未発表の曲はけっこう存在する。
今回収録されている曲もファンには人気が高い曲が多い。
個人的に好きなのは「Scene Of The Crime」。Iggy節と言ってもいいくらい定番(ワンパターンとも言う)の歌メロに個性的なギターリフが印象的。
めずらしくしっとり系の「Open Up & Bleed」と「Till The End Of The Night」はStoogesの違った一面を見せるとともに作曲コンビの幅広い音楽性を感じさせる。
この手のアルバムはファンにしかオススメできないが、それでもベストアルバムを聴くよりStoogesというバンドを感じることができると思う。
再結成Iggy & The Stoogesでも聴くことのできない曲がいくつもあるので興味があってもブートは躊躇するという人でもAmazonやHMVで販売されているようなCDは思い切って聴いてみるといい。
きっと新しい発見があるはず。

  1. 2010/08/25(水) 21:42:05|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<The New York Dolls ~first part | ホーム | STIV BATORS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示