+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

THE PASSENGER

rca-p-s

1977年にRCAから出たシングル盤のジャケらしい。
A面が「The Passenger」、B面が「Success」というIggyのソロアルバムの中で最高傑作と言われている「Lust For Life」からのカップリング。
安全ピンが描かれているのはロンドンパンクの影響?
時期的にはそうだなぁ。
あくまでIggyのイメージであって曲のイメージには合わないデザインである。

「The Passenger」はIggyの曲の中でも名作中の名作。
Bowie作曲群の中で唯一ギタリストのRicky Gardiner単独で作曲しているのだけど、そのあたりが功奏した曲ではないかと。
もちろんアレンジやバックコーラスはBowieだけど。
都会の孤独が淡々と繰り返されるフレーズと歌詞から浮かび上がる。
安住の地を持たず通り過ぎるだけの‘旅客者’だからこそ素直な気持にもなり、車窓から見上げる夜空に小さな光を見出す。
空虚な空のわずかな裂け目から見える光は、はかなくて美しい。
「探しては壊すだけ」と歌った男の歌とは思えない、まるで星が放つ音に耳を傾け星に向かって歌を口ずさむようなロマンティックな一曲。
この時期のIggyには日常や社会の裏側にある真実と静かに向き合う気持があったのだろう。


ちなみに「Search And Destroy」も曲のイメージからするとビックリするくらい詩的でロマンティックな歌詞だったりする。
文学的な上手い下手はわからないが、Iggyの感性はおもしろいと思う。

  1. 2010/08/07(土) 23:30:30|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<ORIGINAL ALBUM CLASSICSシリーズ | ホーム | おせんべ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示