+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

KILL CITY



Iggy Pop & James Williamson名義の1枚。
1974年のIggy & The Stooges瓦解後、薬物治療中のイギーとウイリアムスン中心に制作。
イギーはこの後、Bowieの助力を得て本格的にソロ活動に取り組むことになるわけだが、まだそれ以前かつStoogesエッセンスを残した楽曲群ということで、ファンには人気がある。
前にも書いたがScott Thurstonも演奏や編集で参加。
レーベル等のバックアップがあって録音されたものではないので、チープ感はあるし音も良くない。
録音場所はウイリアムスンの自宅だったとか。
録音は75年で、Bomp!によって77年にリリースされている。
もちろん売り込んだのはウイリアムスン。
しばらくはロイヤリティが支払われていたようだ。

全体的にウイリアムスン好みの曲なのかな、と思う。
ポップな「Kill City」以外は割りと地味で、イギーも本調子ではない時期ということもあって大人し目だ。
パンクを期待したら肩透かしを食らうかもしれないくらい、正統派のロックンロール。
すっきりときれいな印象の曲もあり、サックスやコーラスが入ったファンキー寄りのものもあり、見方によっては彼らの違った一面とも捉えられる。
曲の入りが少々似通っている気はする。
まぁ、その点はウイリアムスンの曲のクセというか味というか。


それにしても、好きなアルバムなのになぜか記事にしていなかった。
とっくに書いていると思い込んでいたのかもしれない。

  1. 2010/04/30(金) 23:35:02|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<UNCUT5月号 | ホーム | My Dear Lucky Dog>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示