+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Iggy Pop With Sonic’s Rendezvous Band Europe 1978

euro1978

Stoogesがロックの殿堂入りをしたということで主催者によって行なわれた3月15日の記念コンサートにはIggy and The Stooges時代にメンバーだったScott Thurstonがいつものメンバーとともにステージの上にいた。
キーボード担当だったScott Thurstonが在籍した期間は長くはなくツアーメンバーだったのか正式な加入だったのかわからないが、バンドの最期を知る一人であり、イギーのソロ活動にも関わった人物である。
そんな映像を見て「ああ、なんでこんな晴れがましい場所にRonがいないんだ・・・」とさびしい気持を味わったものである。

さて本題。
この2枚組CDはtop of the hill Recordsというレーベルのもので、Iggy Popの1978年のヨーロッパツアーから5月22日フィンランド・ヘルシンキと29日デンマーク・コペンハーゲンでのステージを収録。
オーディエンス録音だし、どう見てもブートだしということでどんな音が飛び出すか不安ではあったが、聴いてみるとそう悪くない。
そして、なんといってもこの音源の魅力はタイトルからわかる通りIggyのツアーバンドがSRBだったこと。
今までもEasy Actionが出した6枚組アルバム「Where the Faces Shine」の中の1枚にSRBがバックバンドをつとめた音源はあったが、6枚組というゴツさに躊躇していたので、今回のCDはありがたかった。

セットリストはStooges時代のものから、David Bowieと組んだ「The Idiot」「Lust For life」収録曲、さらには翌年リリースされることとなった「New Values」からの新曲と内容豊か。
「New Values」はJames Williamsonプロデュースで、作曲・ギター演奏等にScott Thurstonが大きく関わっていた。
Scott Thurstonはこのツアーにも同行し、そのことがSRBの中でScott Morganだけツアーに呼ばれなかった理由となったようだ。
「New Values」は今でも人気のないアルバムではあるが、まだStooges時代を思わせる曲もありIggyらしさを出し切れなかったアリスタとの相性は悪いとしか思えない。
SRBの6枚組みアルバムのブックレットではこのツアーに参加した経緯等も語られていて、IggyがBowieから離れアリスタに移籍、自分はこれだけやれるんだというところをアリスタに示すために気合を入れてツアーに望んでいたのではという見解がされている。
たしかにIggyは結構頑張っている印象。
ヘルシンキの方は録音の具合か、客席が遠いのか、客のノリが悪かったのか、あまり客の反応が良くは感じない。
Iggyの声も少しつぶれかけているようだし、演奏陣もいまいち勢いに乗れていないか。
いい感じで始まる「Dirt」で録音が途切れてしまいほとんど入っていないのが残念。
コペンハーゲンの方がまだ演奏も客席も一体感を感じる。
ギターはやはりFred Smithの音。思わず胸がキュンとした。
「I Got A Right」だけはFredに合ってないような。
この曲は本来パンキッシュでタイトで超絶カッコイイんだけど、このライブじゃなんかもたついてる。
Scott Thurstonがリズムギター弾いてるのかな。こちらが特にもたもたと(笑)

「プリーズ・キル・ミー」にあるScott Ashetonが「Nightclubbing」の演奏を断ったというエピソードが好き。
センチでつまらない、というのが理由。
Iggyがやりたがった「China Girl」もSRBの面々は結局やらなかったそうだ。
彼らの音楽性を思えばこれはすごく納得。
Bowie色の強い音楽は好みに合いそうにない。
プロとしてはどうかと思うが、なんとも彼ららしい。

  1. 2010/04/06(火) 23:51:06|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0
<<Malcolm McLaren | ホーム | あ、Fredだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示