+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SWEET FANNY ADAMS



Sweetの2ndアルバム。1974年リリース。

1968年のデビューから鳴かず飛ばずだった彼らにマネージメントが一計の策を講じる。
Nicky ChinnとMike Chapmanの2人とチームを組んだのだ。
後に70年代のイギリスを代表するシングルヒット・メーカー・コンビとなる2人はソングライター・音楽ブロデューサーとしての才能を発揮する。
そしてSweetは大手のRCA Recordsに移籍。
曲の良さとポップ・アイドル路線での売り出しが大当たりし、一躍人気バンドとなった。

1973年に出されたシングルを見るとA面はChinn & Chapmanの曲だが、B面はSweetメンバーで曲を作っていて、ポップなA面に対しハード路線ではあった。
「Sweet Fanny Adams」はメンバーによる曲が大半を占め、ハードロック色が一気に強まる。
特に一曲目の「Set Me Free」はスピード感と迫力のあるナンバーで、ドラムとベースがヘヴィなのが印象的。
Deep Purpleを思わせるようなハードさにワクワクしてしまう名曲。
演奏もなかなか。それぞれに存在感を放っている。
ちなみに#3と#7はスティーヴ、#8はアンディがリードヴォーカル。

近頃つくづく感じるのが、Sweetからはたくさんのいいものをもらっているなぁということ。
楽しさ、嬉しさ、明るさ、幸せ、躍動感、そして元気。
聴くと気持が明るくなって元気が出る。
  1. 2010/03/18(木) 22:50:54|
  2. Glam
  3. | コメント:0
<<LOVE THAT LOUIE | ホーム | CHROME HEARTS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (206)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (43)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (128)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。