+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

RANDY RHOADS


トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ

数あるギタリストの中で、リッチー・ブラックモア、マイケル・シェンカーに続いて一時ハマってしまったのが故ランディ・ローズ。
水玉模様のベスト着て、水玉模様の蝶ネクタイして、水玉模様のVを弾いている姿に一目で萌えてしまった。
ポルカドットがあんなに似合うロックミュージシャンって今も昔も他にいないよね。

ランディかわいい~♪「CRAZY TRAIN」好き~♪って夢中になってたけど、ハッと冷静になってみれば、ランディってちっとも好きなタイプじゃないし、曲だって好きなものの方が少ない。
フレーズや音は魅力的だけど、特別強烈なものを感じたわけじゃない。
これってカリスマの魔力?それとも世間の評判に踊らされているだけ?

それでもやっぱり心引かれる。
ギターに対するひたむきな情熱は素直に心に響くものがある。
短い生涯だったけど、精一杯その時その時を生きた姿に何かを感じ取る人は多いんだろうなぁ。
亡くなっていることによる美化やカリスマ化は確実にあるけれど・・・

なんだか汚いっぽい人だなぁと思って聴く気もしなかったオジーの歌を聴くきっかけをつくってくれた人でもある。
ランディと一緒にいたころのオジーは無邪気でかわいい。幸せそうな表情してる。
そんなオジーをいいなぁと思う。
今はステージをよたよた歩いているオジーも最悪なファッションセンスもおもしれーと思いながら見ている。オジーの歌の魅力もわかってきたような気がする。
だから、ドラッグやってたオジーがランディと過ごした当時のことを覚えていないというのが悲しい。

  1. 2008/09/27(土) 19:33:01|
  2. その他Rock
  3. | コメント:0
<<ミヒャエル好き | ホーム | ストレンジ・デイズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示