+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

今年の1枚



先日この1年で手に入れたCDを眺めながら「はて今年は一体いくら費やしたんだろう?」と思いザッと計算してみた。
「月1万円まで」と基本的には決めていたので、だいたい予想通りの金額だった。
ロック関係の本も数冊購入していた。

もちろんミシガン・ロックのCDが多い。
そんな中、あえてミシガンではないものを選んでみた。
今年前半だけだったら圧倒的にBlue Cheerだったのだが、後半に一気に追い上げたのがIron Butterfly。
語彙がお粗末でそのすばらしさを上手く伝えられないが、とにかく聴いていて‘気持がいい’その一言に尽きるのである。
ファズギターも、オルガンも、アジア的な影響を感じるアレンジもすべてサイケで、さらにヘヴィさもあり、1968年というロックにとって最高の時期にあって、この時代の色が濃く出ている。
なによりヴォーカルの声と表現が物凄く好きだ。
ただただ力で押すだけのBlue Cheerに対して、バリエーション豊かな曲の編成もいい。
In‐A‐Gadda‐Da‐Vida以外の曲も私は名曲揃いだと思う。

  1. 2009/12/30(水) 23:38:54|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0
<<なぜデトロイト・ロックか? | ホーム | Easy Action>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示