+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

ありがとう

ron fred

1月のRon Ashetonショックから間もなく1年。
Destroy All Monstersを聴いてRonの音楽の魅力を再認識したことと、デトロイトのミュージシャンたちのつながりを知ったことで、あの時代のあの土地で生まれた豊かなロック・カルチャーにドップリ浸かることになった。
そして、Sonic’s Rendezvous Bandという最高のロック・バンドと出会えた。

この絵はそんな1年を象徴する1枚。
Ron Asheton、Niagara、Fred"Sonic"Smith。
いろんな思いを込めてカッターの刃を入れた。


  1. 2009/12/07(月) 13:52:47|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:4
<<Sixties Archives Vol.7 Michigan Punk | ホーム | Michael Moore>>

コメント

Re: グラサンを切り絵で表現とは

詠春さん!!
び、び、びっくりしましたよ~!!
一瞬もう来日が決まったかと思ったじゃないですか(笑)
メイデンとイギーが一緒に来たら仮病使ってでも休みとりますよ。
でも本当はフェスじゃなく単独で来てほしい~。

「透明感」なんて嬉しい誉め言葉です。
グラサンは悩みどころです。この人のトレードマークで、目が見えるくらいの薄い色なんで。
写真のフィルムでも貼っちゃうか!?と思ったり。

  1. 2009/12/11(金) 20:51:06 |
  2. URL |
  3. さるる #-
  4. [ 編集]

グラサンを切り絵で表現とは

すごいすごい~!透明感あるじゃないですかー

ところで来年の夏、メイデンとIggy & The Stoogesが同じフェスにでるらしいですよ~

日本ぢゃないよ
  1. 2009/12/10(木) 23:15:41 |
  2. URL |
  3. 詠春 #E2YzfJow
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

☆nutsさん♪
いや~、ありがとうございます☆
単純な升目を切るのって私は意外と楽だよ。
頭の中雑念だらけでも切れるから(笑)
それより顔の中身がものすごく緊張する!手汗かく!
特に目。
今回は真ん中の人のまつげと、右の人の目が疲れました。

切り絵の醍醐味は線を決めることにある、と私は思う。
だから下絵を描いているときが一番楽しい。
でも切り絵は平面的だから奥行きのある絵が描きたくなることもあるよ~。
nutsさんの絵を見てるとよくそう思う。


  1. 2009/12/08(火) 21:50:24 |
  2. URL |
  3. さるる #-
  4. [ 編集]

いや~すごいわ…切り絵~三人!!
しかも左端の人の服!!これすごく根気要るよね?
切り絵ってどの線を描く(切る?)かという取捨選択が難しいと思う…
まんま描いたらごっちゃごちゃなるもんねぇ?これは~やっぱりセンスだよね…


  1. 2009/12/07(月) 19:56:05 |
  2. URL |
  3. nuts #TTpWc1nw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示