+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

葛城哲哉

ここ1週間くらい昔よく聴いたCDとカセットテープを聴くのが私的ブームで、昔行ったライブのこととか、その当時の友人のこととか、いろんなことを思い出す。
インターネットってありがたいなーと思ったのが、いつ行ったライブなのか、何という名前のイベントだったのか思い出せないものが、検索で見つかったこと。
RABBITのCDを見つけて、FENCE OF DEFENSEと葛城哲哉が一緒に新潟に来たことがあったことを思い出した。
その時にRABBITも来ていて、その後しばらくRABBITにハマったのだ。

記憶にあるのは会場が今は無き新潟フェイズだったことくらい。
それでもRABBITのファンサイトから攻めたら発見した。ファン、さすがー。
1994年11月6日(日)SAVE THE ROCK’N ROLL CIRCUITというイベントだった。
15年も前だったのか・・・
葛城哲哉とFOD目当てだったのに、葛城哲哉ぜんっぜん記憶に残ってない・・・


葛城哲哉とFODは(ついでにB’Zも)、そのさらに昔TM NETWORKが好きだったことから好きになった。
TMを聴かなくなってからもFODはファンクラブに入るくらい好きで。

だけど好みは変わる。
ここ数年聴きまくった音楽の影響は大きい。
いつだったかFODを聴いて唖然とした。物足りない、どころの話じゃない。
特にベースがいただけない。
北島健二は好きなギタリストだけど、今聴きたいのはこういうのではないな、と。
(エラそうですみません・・・)

逆に葛城哲哉は昔の記憶があまりなかったおかげか聴いたら悪くなかった。
80年代のT.V.時代もかっこいい(いかにも80年代だけど)。声もよい。
そうか、ジャパ・メタだったんだ、カツG。
ツアーサポートやスタジオミュージシャンのイメージしかなかった。
こういう職人肌のギタリストは北島ケンちゃんも含め好きなタイプ。
小暮武彦みたいな華のあるタイプもけっこう好きだったが。

それにしても葛城哲哉のCDって売ってないもんだな。

  1. 2009/11/27(金) 23:55:48|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0
<<Donnie Dope | ホーム | Carl Lundgren>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示