+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Highway Robbery

hr

スリーピースバンドによる72年作品。
アメリカらしい単純明快さと開放的な雰囲気が魅力のハードロック。
次第にヘヴィに展開していくラスト3曲が特に聴き応えがある。
ドラムがヴォーカル兼任、そして全曲ギタリストのMichael Stevensが作っている。

ただ、想像以上にさわやかだった。
ヴォーカルの声が甘いし、コーラス、美しいし。
なんだかなじめない。
音もカッチリしていて好みとは少し違うなぁ。

ベースのJohn Livingston Tunison Ⅳという名前が気になる・・・
貴族?ステージネーム?

  1. 2009/10/30(金) 23:21:53|
  2. American Hard
  3. | コメント:0
<<描いてみた | ホーム | Brownsville Station>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示