+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Michael Schenker

MSGの日本ツアーが無事終わったらしい。
アンコールは「Doctor Doctor」と「Rock Bottom」だった。
マイケル・シェンカーとUFOの代表曲の中でもこの2曲に私は特に思い入れがある。
まだ10代だったマイケルが母国ドイツから単身イギリスに渡り、UFOのメンバーとなって作った最初のアルバム「Phenomenon」(1974年)の中に2曲とも入っている。

マイケルが数々の‘伝説’を創り、‘神’になる前の曲。
30数年の間に様々なアレンジで演奏されているし、カバーもされている。
それでもやっぱりオリジナルが一番好き。
とても素直に、いい曲だなぁ、かっこいいなぁ、と思える。
まだキーボードやサイドギターの専任がいないシンプルな構成で、マイケルの美しいギター旋律を中心に据えて、ストレートな音が魅力。
「Rock Bottom」はギターソロたっぷり!
マイケルの瑞々しい感性があふれている。
マイケルもバンドもこのアルバムにかけていた、そんな若さと熱さを感じる名演・名曲で、何度聴いてもワクワクしてしまう。
「Doctor Doctor」は初めて聴いたときも今でも、私の胸キュンナンバー・ベスト1。

マイケルはとても才能のある人だけど、精神的に不安定だったり、アル中だったり、性格的に不器用だったりといろいろあって昔からトラブルメーカー。
きっと音楽以外の世界を知らないで大人になった人なんだろうな。
ファンの多くはそんなマイケルをハラハラしつつも温かく見守っている感じで、後追いのファンとしては先輩方のそんな姿も微笑ましい。


現象
  1. 2008/08/30(土) 22:41:46|
  2. その他Rock
  3. | コメント:0
<<3 Stooges | ホーム | Iggyケガする>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (206)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (43)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (128)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。