+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

SRC

B00004SRIQBlack Sheep
Src
Rpm Records UK 2000-04-04

by G-Tools
SRCは1966年に結成されたバンドで、当初はScot Richard Caseを名乗っていたが67年にSRCに変名。前身のバンドThe FugitivesにはまだScott Richardsonなるフロント・マンは存在しなかった。 Scott RichardsonはThe Chosen Few というバンドのヴォーカルで(Ron AshetonがThe Psychedelic Stooges結成前に在籍していたバンド、James Williamsonも在籍)、SRCの新フロント・マンの候補にJames Osterberg(Iggy Popの本名)の名前も上がっていたらしい。
主だったメンバーはThe Fugitives出身のGary Quackenbush(Ld. G)、Steve Lyman(G)、Glenn Quackenbush(K)、E. G. Clawson(D)。ベースはメンバー交代があるが一番長期間在籍したのはThe ThymeにいたAl Wilmot。

SRCの音楽は一言で言うと、とにかくポップ。ハードなのかソフトなのか悩んでしまう不思議な音楽。引き出しが多いと言っていいのかもしれない。サイケデリック・ロックにジャンルされるらしいが、私はサイケデリックがどんなものか知らないので、こう言うしかない。ヴォーカルのScott Richardsonはマスクも甘いが、声も、舌足らず気味の歌い方も甘い。お花が咲きそうな、なごみ系の曲がある中でギターはけっこうハード。ギターの個性についてWikiに記載があるようなのにまったく訳せず。そして、オルガンの音に時代を感じる。バンドの終り頃には音楽性がプログレに変っていったそうだ。これも時代か。

特に好きな曲が「Black Sheep」。ダークで、初めて聴くと調子が狂うくらいスロー。だが、前奏のオルガンとギター・リフがとても美しく、一度聴けば忘れられないほど印象的。歌詞が見つからないのだが「Black Sheep」には「はみ出しっ子」という意味があるらしいので、このあたりから勝手にイメージを膨らませている。

1972年頃まで活動。3枚のスタジオ・アルバムを残している。
当時デトロイトではかなり人気があったバンドで、このベストアルバムにはMC5のライバルと書かれている。実際、ライブ告知ポスターでは両バンドが並べて書かれているものも見かける。
解散後はアメリカよりイギリスで評価が高いとのこと。

iggysrc
Iggy with SRC by Leni Sinclair in 1969

  1. 2009/04/03(金) 21:18:57|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0
<<RADIO BIRDMAN | ホーム | The Sonics>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示