+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

The Sonics



最近のお気に入りは、ガレージ・ロック、プロト・パンク、サイケデリック・ロックなどと言われる60年代半ばから70年代にかけてのロック・バンド。
80年代以降のロックを好む人が聴いたら、さぞ古臭い曲と音に聴こえるだろう。
コード進行も楽器もシンプル、もちろん音はよくないが、それも味のうち。
この時代のロックは、ロックの持つ初期衝動がストレートに表れているという表現をされるが、確かに50年代に生まれたと言われるロックの少年期と言ってもいい時代である。
ガレージ・ロックの多くが荒削りで洗練されておらず、勢いでグイグイ前に進んでいるような調子だが、その勢いが爽快なのは、ロックがまさに若者の音楽だったからだろう。

The Sonicsはガレージ・ロック・バンドの中では、基本中の基本、スタンダードと言っていいだろう。
The Sonicsを聴けばガレージ・ロックがどんなものかわかる、という人もいるくらい。
このバンド、評価が高いだけのことはあって、歌も演奏もなかなかのもの。
おまけにアレンジ力がある。
ロックの創始者と言われるリトル・リチャードやチャック・ベリーの名曲も彼らにかかるとラフさとワイルドさが倍増し、一方でキーボードやサックスが効果的で音に華やかさと厚みもある。

そして何といってもオリジナル曲がカッコイイ。
基本的にノリの良さが信条で、ヴォーカルのシャウトが聴けば聴くほど気持よくなってくる。
ギブソンの最初のファズ・ボックスを使ったり、アンプに細工をしたりしてギターの音を歪ませたというあたりにこだわりも見える。
ラフな音でありながら隙がない。完成度が高いのだ。
オリジナルはどれを聴いてもテンションが上がる。
「騒音王」と呼ばれただけあって原盤の音が大きかったのか、CDを最初に聴いた時思ったより音が大きくてびっくりした。

1965年リリース。


  1. 2009/03/30(月) 23:02:14|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0
<<SRC | ホーム | 大人の時間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示