+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DMZ

B0052L1K10RADIO DEMOS 1976/LIVE AT CANTONES
DMZ + LYRES
Munster Records 2011-06-26

by G-Tools
動画サイトで聴くことのできる音源を聴く分にはLyresほどには好きにならないかなーと思っていた。だけど、これを聴いて考えを改めた。やっぱりまずは聴けということ。

私にとってはパンク・バンドではなくDMZという一バンドであり、DMZとLyresは同じ流れの中にあって時代が変わろうとメンバーが変わろうとやってることは同じで、大好きだ。大好きだ。

DMZもLyresスタジオアルバム収録以前のラジオ・デモ音源とライブ音源ということでラフで、これからやったるぞという勢いが感じられる。オリジナル曲がもちろんサイコウなんだけど、‘Search And Destroy’もいいなぁ。Stoogesってスゲー名曲を作っていたんだなぁと感動。それだけDMZの演奏がスバラシイということである。

ライブ音源のCDはいくつかあるのでまだまだ楽しみは続く。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/31(水) 20:50:13|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Mystic Siva、アルバム

B000231WS4Mystic Siva
Mystic Siva
World in Sound

by G-Tools
Mystic Sivaのスタジオ・アルバムCDを入手。中古しか出回ってないうえ価格が高く、長らく様子見だったがようやく折り合いをつけられる商品と出会えた。

デトロイトの14歳から15歳の少年4人組による1970年レコーディング作品。メンバーはAl Tozzi(G)、Dave Mascarin(D,V)、Marc Heckert(K)、Art Thienel(B)。

やっぱりこのバンドはおもしろい。全曲オリジナルのサイケデリック・ロックなのだが、センスのいい曲書いてヴォーカルやってドラムやってジャケットデザインしてと多才なDave Mascarinくんは実は歌がヘタクソ。だけどこのヘタクソさがいい感じ。ギターとオルガンが結構上手い中でヘタクソな歌が個性や味わいとなっているのがこのバンドのおもしろさ、不思議さ。そして妙に早熟な感性がこれまた魅力。
さらには不思議なことに癒されるのだ。メタミュージックが嫌いな私にとって、メタやヒーリング系よりよっぽどリラックスできる。それとも癒されているのではなく酩酊感を覚えているだけなのだろうか。そうなのだとしたらサイケデリック・ロックとしては優秀なのかもしれない。

  1. 2013/07/27(土) 20:56:39|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

衰退か、未来の姿か

先週、デトロイト市が財政破綻したとの報道が流れた。

このブログでもデトロイトの推移と廃墟化する都市について幾度か書いてはいたものの、とうとう来たかという思いと、よくぞここまで持ち堪えたなという思いが交錯。縁もゆかりもない土地にもかかわらず複雑な心境である。

かつて日本でも夕張市の財政破綻が大きな話題になった。財政危機に陥っている自治体は他にも多数あり、それはおそらく日本ばかりでなく先進国各地で起きていることのはず。デトロイトのような大都市において産業構造が変わり失業者と犯罪が増加し、それに伴い人口が流出、そして税収は激減という負の連鎖は極端な例に思える。しかし一方で、これは近い将来どこの都市にでも起こりうる事態なのかもしれないとも思えてくる。人種や宗教の問題が背景にあれば一層根が深くなる。

60年代末のデトロイトのロックには、デトロイトという都市が持つ激しいエネルギーがあり、アメリカンドリームと、夢かなわぬ現実への怨念と、いろんなものがぶつかり合い混ざり合うカオスがあった。アメリカという国の縮図みたいな都市で生まれた音楽は今でも輝きを失ってはいない。果たしてデトロイトがどうなっていくのか、これからも見守っていきたい。


  1. 2013/07/22(月) 22:46:33|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:2

こうなったら

買っても買わなくてもどちらでもーと思ってたCDも徹底して集めることにしました。もちろんミシガンの話。

やっぱり聴いてみればそれなりにいいところはある、と思う。その時代の空気も感じる。
手元に置けばそれなりの愛着は湧きそうな気がしてきた。

残る問題は収納と、一万円越えしている中古CD・・・かな。


  1. 2013/07/16(火) 21:23:43|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:2

シュガーマン邦盤発売

B00DGL54PQシュガーマン 奇跡に愛された男 DVD
角川書店 2013-10-04

by G-Tools
海外では今年一月にDVD化されていたドキュメンタリー映画「Searching for Sugar Man」がようやく日本語で見れます。10月とまだ先だけれどこれは欲しいなぁ。
私の中では邦題は勝手に‘シュガーマンを探して’と決まっていて今でもそう呼んでしまう。

ブルーレイも同時発売。
特典ディスクもついて角川から発売なんていい扱いだわ。公開当時少しは話題になったようでも日本では広く知られた映画ではないはず。さすがアカデミー賞を受賞すると違う。

  1. 2013/07/12(金) 10:19:47|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。