+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デマ。

ここ最近‘Scott Ashetonは死んだ’というデマがFacebook上に広まっていたらしい。それに対して完全否定する記事がMediaMassから発信されているのを見てホッとした。

確かに体調を崩して以来ツアーに参加していないし、新作に関わっているという話もあるがはっきりとはわからない。それでも同時に結婚の噂が流れているくらいだから元気なのだろう。Stoogesで一番マイペースな彼だから元気なのであれば心配はない。
芸能・ゴシップ雑誌の表紙を飾るとはStoogesがそれだけ人気がある証拠だ。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 22:47:57|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

Scott Morganのボックスセット

B00BIJDPOAThree Chords And A Cloud Of Dust
Scott Morgan
Easy Action 2013-04-02

by G-Tools
イギリスのEasy Actionから4月2日に発売予定の3枚組でScott Morganの全キャリアを網羅した内容。今までもベストアルバムはあったものの、ここまでのブツは初。さすがEasy Action。病床のScottを応援しようという心意気すら感じる。
これは買います。Stoogesは予約してないけどこれは予約した。
Easy Actionが去年出したLords of the New Churchもよさげ。
B00A7QV1E6The Gospel Truth (3CD + DVD)
Lords of the New Church
Easy Action 2012-12-17

by G-Tools


こっちは買わないよ。Ronのトリビュート・ライブのDVD。
B00B81NQ88Tribute Concert to Ron Asheton With Iggy & Stooges [DVD] [Import]
Ron Asheton
Mvd Visual 2013-06-04

by G-Tools
なんで今頃出るんだろ?このDVDの収益って誰に入るのかね。遺族や例の基金ならまぁいいけど。

  1. 2013/03/30(土) 23:41:57|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

とうとう・・・

ネタ尽きたな~ミシガン。
とにかく欲しくてたまらんというCDもなくなった。その気になればもう10枚くらいあるにはあるのだけど、買ってもあまり聴かなさそーなやつばかり。つまらんなー。

仕事の忙しいのが落ち着いたら、〆にとりかかりますか。


これから何を楽しみに生きていけばいいのやら・・・



  1. 2013/03/26(火) 21:56:32|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

The Cicadelic 60s シリーズ

パンクらしい衝撃は弱いもののレトロな味わいはまさに60s。そして素人の域を出ないカヴァー。ガレージって多くはこんな感じだったんだろうねーとしみじみしてしまう2枚。

B000000871Cicadelic Sixties 6
Various Artists
Collectables 1994-10-25

by G-Tools
‘District Six祭り’と個人的に呼んでいる。なぜなら16曲中12曲がDistrict Sixの曲だから。同じくCicadelicから2008年に出されたコンピレーション「Where You Gonna Go?」収録曲とダブるものも当然あるが、ここでは1966年12月のセッションで残された曲がすべて収録されているようだ。一曲のみ翌年レコーディングしたもののリリースされることのなかった曲が収録されている。すべて当時のヒット曲をカヴァーしたものばかり。編集方針がよくわからないCicadelicのこのシリーズだが(このVol.6だけタイトルが違うのも謎)このヴォリュームではきちんと方針らしきものが書かれている。それによれば66年から67年のサイケデリックなヒット曲をおもしろくカヴァーしているものを集めたという。とは言っても集めたものは偏っていてDearbornのDistrict SixとシカゴのNite Owlsの2バンドだけなのだが。やっぱりよくわからないレーベルだ。カヴァーばかりということで物足りないのも確か。
1.The District Six - East Side Story
2.The District Six - 7 And 7 Is
3.The District Six - Talk Talk
4.The District Six - Remember
5.The District Six - Pandora's Golden Heebee Geebies
6.The District Six - Cherish
7.The District Six - Everybody Needs Somebody (To Love)
8.The District Six - Turn On Your Love Light
9.The District Six - Respect
10.The District Six - Come On Up
11.The District Six - Show Me
12.The Nite-Owls - Something You Got
13.The Nite-Owls - Ooh Poo Pa Doo
14.The Nite-Owls - The Woods
15.The Nite-Owls - Hassle
16.The District Six - More

B000005Z46Cicadelic 60's 8
Various Artists
Collectables 1998-04-07

by G-Tools
Vol.8はデトロイトのSVR RecordsからThe Unknown、The Quintette Plus、The Boysの3バンドを収録。こちらも「Where You Gonna Go?」とのダブりがあるがリリースされたシングル曲すべてが収録されているので満足度の高い内容。
それにしても、これらを聴いているとガレージ・パンクとして魅力的なバンドはGrand Rapidsエリアの方が多いなと感じる。デトロイトエリアはオリジナル曲を持つバンドは多くないし個性も今一つ。だから尚のことGrande Ballroomに出演していたバンドのように急速に過激化する変化が興味深い。
1.The Wild Things - Tell Me
2.The We Few - Baby Please Don't Go
3.The We Few - Surprise, Surprise
4.The Sensacionals - Big Boss Man
5.The Sensacionals - Sweet Little Rock And Roller
6.Jerry Djai - Well, All Right
7.The Cavaliers (With J. Frank Wilson) - Bound To Happen
8.The Rumors - Hold Me Now
9.The Rumors - Without Her
10.The Unknown - Night Walkin'
11.The Unknown - Shake A Tail Feather
12.King Richard & The Knights - Work Out Sally
13.The Quintette Plus - Summertime
14.The Quintette Plus - Grits And Grease
15.The Quintette Plus - Work Song
16.The Quintette Plus - Shop Around
17.The Boys - How Do You Do With Me?
18.The Boys - I Wanna Know
19.The Boys - Angel Of Mine
20.The Boys - It's Hopeless
21.The Wild Things - My Girl


  1. 2013/03/16(土) 16:19:11|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

ひえー

私はFacebookもGoogle+も登録したまま放置状態なのだけど、Facebookにひさーびさにアクセスしたら速攻‘おかえりなさい’メールが来た ・・・コウイウノツイテイケナイ・・・

なんかもう、時代遅れでもかまわない。
常にスマホや携帯電話を手にしていないといけないような生活はしたくない。次々に流れては消えていく、あってもなくてもいい、本物かウソも定かでない情報なんて知らなくていい。知りたいこと、大切なことを選別し判別するエネルギーも時間も正直もったいない。

それでもすでに私も情報に踊らされ振り回されているんだろうな。


  1. 2013/03/12(火) 17:29:47|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

Stoogesニューアルバム

3月になった途端出ました、新作情報。
「Ready To Die 」、4月30日発売。日本は先行発売で4月24日。
オフィシャルにティザー動画があって、なぜかIggyがカカシに扮装。意味があるのかないのか新作を聴いてからのお楽しみといったところか。

日本におけるStooges需要はさっぱりわからないのだけど毎回先行発売はあるよね。新作の時しか来日しなくなったから今年は来日の可能性大。

日本盤は画像がないのでとりあえずインポート盤をリンク。
B00BLYFDO2Ready to Die
Iggy & The Stooges
Fat Possum Records 2013-04-30

by G-Tools


  1. 2013/03/05(火) 15:22:23|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

1967 Detroit Riot

1967年7月23日早朝、警察が無免許飲食店の家宅捜査をした際のトラブルをきっかけにデトロイトの12th Streetで黒人による暴動が起きた。このアメリカ最大規模の暴動は5日間にわたって続き、多数の死者と怪我人、そして火災や破壊による膨大な被害を出した。
この時の人的・物質的損害はもちろんだが、デトロイトにとって何より痛手となったのはこれを機に白人のデトロイト市外への流出が加速したことである。これがデトロイトの荒廃を招くこととなった。

自動車産業の隆盛により、かつてデトロイトは活気のある都市だった。1950年代までは人口も増え続けていた。しかし繁栄の裏にあったのは格差社会であり人種問題であった。50年代から活発化した公民権運動の影響もあったのだろうが積りに積もった差別や格差への不満が爆発した形だった。
現在、デトロイトに住んでいるのは9割以上が黒人だという。ちょっとParliamentの「Chocolate City」を思い浮かべたりもするが理想と現実はまだまだ遠い。差別問題は解消されていないのだ。それはアメリカだけでなく全世界でも同じこと。

Dennis Thompsonが自身のブログでこの‘1967 Detroit Riot’について書いていたことがあったが、暴動が若者たちに与えた衝撃が如何ほどのものだったのか私にはよくわからない。ベトナム戦争に現実感がわかない人には初めての‘戦争’だったのではないかと思う。実際、内戦と言ってもいいような出来事だったのだ。
MC5の「Motor City is Burning」はJohn Lee Hookerのカヴァーで‘1967 Detroit Riot’を歌ったものだ。‘Motor City is Burning’というフレーズは暴動のイメージと同時に燃え盛るデトロイトのロック黄金期もイメージさせる。胸が熱くなるような疼くような言葉である。本当にデトロイトは燃えていたのだ。

B0052V3JCIBlues Greats: John Lee Hooker
John Lee Hooker
Universal UK 2011-07-12

by G-Tools
ベストアルバム数々あれど「Motor City is Burning」が収録されていることはまずない。これは珍しく収録されている。
B00008RV18Chocolate City
Parliament
Island / Mercury 2003-04-08

by G-Tools


  1. 2013/03/01(金) 20:40:49|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。