+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Looking At You

MC5の曲の中で私が一番好きなのは「Looking At You」だとずっと思っていた。しばらく聴いていなかったら、あれ?どうして好きなんだっけ?と急にわからなくなったので聴き直してみた。

「Looking At You」はMC5のデビュー前からのレパートリーで代表曲のひとつ。彼らの2ndアルバム「Back in the USA」に収められているバージョンも格好いいのだが、ソフィスティケイトされているというか彼ららしい爆発力が足りない。これはレーベルの方針の問題だろう。個人的にはアレンジにFredカラーを強く感じて「City Slang」のシングル・バージョンを思い浮かべてしまう。
そして初めて「Looking At You」を聴いたA-Squareバージョン。あらためて聴くといい!最高!音は悪い。だけど痛いくらいに攻撃的な音で、まさしくMC5といえる荒々しいパワーがみなぎっている。すごい。まるでライブのような演奏だ。モノラルなのでより生々しい。1968年、まだバンドが充実していた時期だ。

MC5に関してはStoogesのようには掘り下げてないので他の音源はほとんど聴いたことがないが、きっと他にも興奮する音源が存在しているのだろう。思えばDKT/MC5の来日から早や10年近く経つ。その後はStoogesほどには目立った活動をしていないためか近年は新たな編集盤も出ていないように思う。

  1. 2013/02/25(月) 20:53:25|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

70年代以降のガレージ・パンク

パンク度強すぎたり、妙にレトロに作り込み過ぎて違和感を拭えなかったりと好きなものがあまりないが、比較的好きなのはThe Chesterfield KingsとThe Morlocks。どちらもロック小僧がそのまんま大人になったようなヴォーカリストが魅力的。ロック小僧かつマニアなので引き出しの多さは半端ない。
  1. 2013/02/19(火) 20:31:16|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

ガールズ・バンド

遅ればせながらミシガンのガールズ・バンドをチェック。
てっとり早くまとめてミシガン・ガールズを聴くことができるコンピレーションというのは存在しない。数少ない貴重なガールズ・バンドをコツコツ探すしかないのである。

まずはPleasure Seekers。
70年代に活躍するSuzi Quatroがいたガールズ・バンドとして、このジャンルでその名はよく知られている。
B005VM68TOWHAT WAY TO DIE
PLEASURE SEEKERS
QUATRO ROCK 2011-10-14

by G-Tools
前にもちらりと書いてるし、これは語るまでもないと思う。この編集盤ではお転婆なイメージとはまた違った顔も見せる。
そして1969年から活動したCradleではもともとあったヘヴィ指向が加速している。CradleもQuatro姉妹が中心となったバンドで、1971年にSuziがソロデビューすべく渡英しても残る姉妹でバンドは続けていたが実質的な活動はここまでだったのだろう。
cradle

「Girls In The Garage」CD版のVol.1にはミシガン・バンドが3バンド収録されている。
B000WGY7QUGirls in the Garage Vol.1
Various
Romulan 2004-02-09

by G-Tools
The Puppetsについてはどういうバンドなのかさっぱりわからない。Lyn & The InvadersはGrand Rapidsをベースに活動した高校生バンドでクラブやカレッジ・パーティに出演していた。女性はヴォーカルのみ。Fenton他からシングル・リリース。「Boy Is Gone」はオリジナル曲かどうかわからないがムーディかつセンチメンタルでなかなかの名曲。
そしてThe Luv'd Ones。このバンドはうかつにも長らくミシガン・バンドだと気が付いてなかった。ミシガン州南西部のNiles出身、全員女子の正真正銘ガールズ・バンド。LP#7収録のThe Tremolonsはこのバンドの前身でいずれのバンドもシカゴのDunwich Recordsからシングルを出している。1963年から1965年にかけてThe Tremolons名、65年に変名し68年頃まで活動したようだ。リーダーでギター担当のChar Vinnedgeが曲を作っていた。The Tremolons、The Luv'd Onesともに見た目も曲も演奏もストイックでクール。特にギターが思いっきり歪んでいてファズが爆発してて男顔負けの迫力。ていうか男と比べては失礼だね。もちろん曲やコーラスの美しさもすばらしく、垣間見えるナイーブさもGood!
1999年にSundazedからLPとCDがリリースされた。
B00000IPU4Truth Gotta Stand
Luv'd Ones
Sundazed Music Inc. 1999-04-20

by G-Tools
さらにはTremolonsの7インチ「All Girl Combo」もリリースされた。
tremolons
「If You're Ready! The Best of Dunwich Records, Vol.2 」という編集盤にもThe Luv'd Onesはまとまって収録されている。

LP「Girls In The Garage」では#2に前にも話題にしたMama Cats、#3にデトロイトのJeff & The Atlantics。これはヴォーカルにCathe Garcia嬢を擁するバンド。そして#8にPleetas。
あとThe Ravellesというやはりヴォーカルだけ女性(Carmella Altobelli嬢)のバンドは、Psychedelic States: Illinois In The 60s #1、Mondo Girls、Brain Shadowsなど複数のコンピレーションに入っている。ただし収録曲は「Psychedelic Movement」オンリー。その名の通りサイケ色が強くハードなサウンドに浮遊したヴォーカルが心地よい。この曲を聴く分には西海岸の影響があるか。Jefferson Airplaneのカヴァーもしていたらしい。The Ravellesはミシガン州Iron Mountainのバンドで中西部を廻ってライブをしていた。

  1. 2013/02/07(木) 16:01:27|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

When The Time Run Out

wttro
ディスクガイドシリーズのガレージ・パンク編をあらためて読んでいたところ見落としに気付いた!ミシガン・バンドがまとまって入っているコンピレーションがまだあったのね。

イタリアのReverendo Moon Recordsが1995年に出したLPで‘Minnesota vs Michigan’とあるようにA面がミネソタ、B面がミシガンらしい。KineticsはミネソタのStudio Cityというレーベルから出していたがミシガン州Houghton出身のバンド。ミシガンはFenton、Phalanx中心にセレクトされている。The SatisfactionsのLee Recordsというのは初めて見たけどLansingのレーベルだ。まだまだ知らないレーベルがあるのだろうなぁ。
Vol.1とあるが続編は出ていない模様。

Side 1
1.The Mystifying Monarchs - I'm In Misery
2.The Mystifying Monarchs - Soldier Of Fortune
3.The Shags - Louie Louie
4.Defiants - Maggie's Farm
5.Psychotics - (I'm) Determined
6.The Ferraris - I'm Not Talkin'
7.Kinetics - I'm Blue
8.Kinetics - Feeling From My Heart
9.Bad Omens - Chimes Of Freedom

Side 2
1.The Poor Boys Pride - I'm Here
2.Toronados - She's Gone
3.Minutemen - Another Day With Me
4.The Pastels - 'Cause I Love You
5.The Penetrators - What Went Wrong
6.Headlyters - Girl Down The Street
7.The Chancellors - Dear John
8.The Satisfactions - Only Once
9.The Satisfactions - Never Be Happy

  1. 2013/02/02(土) 17:11:48|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (205)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (127)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示