+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

THE MUSIC MACHINE


Turn On: Best of

The SonicsやNuggetsと出会って2年経ったものの、未だそこから発展してお気に入りになったバンドというのは実はなかったりする。
どうしてもミシガン州のバンド収集に熱が入ってしまうのと、聴き比べて強く惹かれるのはやはりミシガンのバンドの曲なのだ。
Nuggetsそのものがなんだか物足りないというのもある。
身びいきと思われてもしかたない。
完成度ではNuggets収録のバンドに劣るとしてもIndexやJujusは魅力的だし何と言っても曲がいい。
ミシガンのバンドは他にもBossmen、Unrelated Segmentsのようにやるせないような情熱と哀愁を漂わせる名曲を生み出しているバンドがいる。
基本的に暗いのか?土地柄なのかもしれない。
Stoogesだって明るくはない。はっきり言えば暗い。

前置きが長くなったが、ガレージ・サイケの知識がある程度ついた今ではNuggets収録のバンドが定番中の定番ばかり(Nuggetsに入っているから後に定番になったとも言える)だとよくわかる。
Music Machineももちろん定番のひとつ。
ただしこのバンドはNuggets4枚組BOXの2枚目に登場する。
そのためオリジナル・ナゲッツで満足してボックスを買っていない私は聴くのが遅くなった。
聴いたみたらもちろん悪くない。
悪いはずがない。ザクザクとしていて意外に硬派で男っぽい。
全体的に明るくない。メロウとも違う。そういうところが好みだ。
「Cherry Cherry」だけが明るくて浮いているかも。
「Taxman」もよく名カヴァーだと言われているけれど私は違和感がある。
これだけBonniwellが歌ってないでしょ。
オリジナル曲がオリジナリティがあってインパクトのある曲揃いで、その中になじみつつアクセントになっている「See See Rider」「Hey Joe」はかなりいい。
「96 Tears」は元歌が個性的過ぎてオリジナリティが出し切れていない中途半端さは否めないものの大健闘&好きな曲なので聴くたびに口元がゆるんでしまう。
とはいうものの、最近アクの強い曲ばかり聴いていたのでものすごく真っ当に普通に聴こえる。
満腹だけどもっと食べたい、とはならない。


ガレージ・バンドを掘っている人は多くの人がそうだろうけれど、いい録音環境でレコーディングしたとか、プロダクションがしっかりしているとか、演奏がうまいだとかは必ずしも魅力にならない。
ガレージ独特のザラザラした感触や若造から漏れ出す青い色気、揃いのスーツで大人ぶってすごく頑張っちゃっているところとか、そんなヤツらが体当たりで胸に飛び込んで来る。
俺たち格好イイんじゃね?と思いながらやってたんだろうな、おバカだなーと思いつつ愛しい。
バカになりきっているバンドほど魅力的だ。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火) 20:11:37|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

エレキ・インスト

うちの父親はミック・ジャガーと同い年だが、ストーンズはもとよりビートルズも聴かない青年時代を過ごしたようで。
洋楽はあまり興味がなかったのか「ベンチャーズくらいかなぁ」と言ってたことがあったっけ。

先日、父の車に乗ったらやけに昭和なエレキサウンドが流れていたので、どなたですか?と聴くと、返ってきた答えが
「寺内タケシ」。

ほーほーほー。
エレキ・インストは好きなわけだ。
うわ~、エレキの「津軽じょんがら節」だわ。意外にカッコイイ。
そういや、高校時代はエレキギターならぬウクレレをやってた父。
当時ウクレレが流行っていたのだろうか?
私のイメージといえば残念ながら高木ブーしか思い浮かばない。
近年またウクレレ人気があった記憶がある。

エレキ・インストは興味がわかない。GSの方がいい。
父はGSもそれなりに知っているようだが、GSは平凡や明星に載るようなアイドルだったからテレビで見て聴く程度だったのだろう。
GSはガレージロックの一部とみられることがあって、海外でGSのコンピレーションアルバムがリリースされたこともある。
外国人目線のコンピレーションといえばこんなのも良さげ。

Nippon Girls: Japanese Pop, Beat and Bossa Nova 1966-1970

  1. 2011/06/26(日) 23:52:57|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Blythe

超番外編・その2。
今日はブライス。
いわゆる着せ替え人形で、ドールブームの火付け役だったんではなかろうかと思う。

もともとは1972年アメリカ・オハイオ州シンシナティのケナー社から発売された子供向け着せ替え人形。
blythe
blythe2
blythe3
なんとも時代を感じるレトロな広告がかわいい。
洋服が意外と地味?
これがちっとも売れなかったらしい。
たった一年ほどで生産終了。

おそらくその後長い間一部のマニアしか知らない存在であったはず。
それが2000年にジーナ・ガランという女性写真家がブライスの写真集を発表したことで一気に注目を浴びることになる。
私は地方に住んでいるのでどんなものかは知らないがパルコのキャンペーンに写真が使用されたことで日本で多くの女性に知られるようになったそうだ。
2001年からリカちゃん人形のノウハウを持つタカラがレプリカを販売。
ボディはリカちゃんタイプだったが、頭部はグレープフルーツ大、そしてこの頭部は後ろ頭から出ている紐をガチャンとひっぱると目の色が変わるというオリジナル・ブライスの特徴をそっくり再現した。

この人形、かわいいという人と怖いという人に意見が真っ二つに分かれる個性的な相貌をしている。
目の色が変わるというギミックのために奥まった大きな目と広いおでこにまゆげがないのが印象的。
私も最初は‘キモかわいい’と思ったが、一度見ると忘れられなくなる魅力がある。
後にオリジナルに近づくべく頭もボディも改良されるが、オリジナル同様頭でっかちなため自立できないところは変わらない。
ところが、このブライスが不思議と何を着せてもサマになるのだ。
ファッション・ドールに位置付けられ一体一体に名前がありファッションや性格が設定されている。
どんな洋服も着こなし、基本は同じ顔なのにヘアスタイルとメイクが変わるだけで個性が生まれる。
年に数回のスピードで発売が続くと1万円以上する高価格にも関わらずコレクターが急増。
10年経った今でも新商品が発売されているからすごい。

さらにすごいのは‘カスタム’という楽しみ方が定着したこと。
手先の器用さに自信がある人は自作の洋服(アウトフィット)を製作、そして自分だけのブライスを作るべく頭部を解体・改造するのである。
目玉のギミックを外して瞳の色を変えたりキラキラした瞳にしたり、頭の皮をはいで髪の毛を植毛したり、顔のつやをとってメイクを描き直したりと、本当に手をかけている。

うちの子たち。
bl1
「ディスコブギー」のさんごちゃん。
2002年頃に買ったのかな?
bl2
さんごと「フレンチトレンチ」のしずくちゃん。しずくは2003年かな。
写真もこの頃に撮ったもの。
この二体で私はお終い。
飽きたわけではないけれど、意外とお金がかかるんで続かない。
本当はオリジナルのケナー・ブライスも欲しい。でも数が少ないのでものすごく高価。
一時は10万円以上した。
今は少し落ち着いているかも。
アウトフィットも上手でセンスのいい人の作品は欲しくなる。
だけどユ○クロより高い(笑)
人形がオーナーより高い服着てどうすんのと思ったわけだ。
私もアウトフィット作ったけれど、実はお裁縫は大の苦手で。
それでも頑張って何枚か作った。
70年前後のアウトフィットもひとつくらいは欲しいけどやっぱり高価。
ホント、大人のためのオモチャだと思う。
改良タイプの顔があまり好きじゃないのも買わなくなった原因のひとつ。

世間にはものすごく熱心なオーナーさんがたくさんいるので時々そういう人たちのブログをのぞく。
私の場合、今は仕舞い込んでいることの方が多いけれど、それでもかわいくて大好き。

  1. 2011/06/24(金) 17:47:02|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Enid Collins

超番外編。

個人的コレクションとしてたまたまガレージ・サイケと同時代のアメリカン・ヴィンテージ・アイテムをいくつか持っている。
同じ時代の匂いを感じるかどうかはともかく、もともとインテリアや雑貨に関してはどちらかというと嫌いだったアメリカ物に惹かれ、それが同じような時代のものだったということが偶然には思えない。
どれもロックに狂う前に集めたものばかり。
アメリカといえばフィフティーズのイメージしかなかった私に強烈なカウンターパンチを喰らわせた愛しきモノたちを紹介したい。

まず今回はエニッド・コリンズ。
amarica1
1959年から70年代にかけてテキサス州で女性バッグデザイナーEnid Collinsによって生み出されたバッグブランド。
花や動物、鳥、魚、さらには馬車やケーブルカーといった様々なモチーフをビーズでデザインした華やかでありながらも素朴な印象を受けるかわいらしいバッグである。
とにかく種類が多く一つとして同じ物がない。
大量生産品にはない手作り感も魅力で、きれいなものに目がない世界中の女性達に愛されているのもよくわかる。
初めて見た時はあまりのかわいさに‘ヤバイものに出会ってしまった’とこれから始まる出費を想像して青くなったものだ。
一点一点に名前がついているところも嬉しい。
ちなみに写真向かって右が‘glitter bugs’、左が‘ROAD RUNNER’という名前。
私がHead Over Heelsの曲である‘Road Runner’に夢中になったのはこの大好きなバッグの影響もあるのかなと思う。
木箱タイプや布タイプもある。

前は持って出歩いたこともあるが、一度ビーズが落ちてから(すぐ気がついて無くさずに済んだ)外に持ち出す気分になれずにいる。
今日も写真を撮った後で発見。
またビーズ取れてた(汗)。
一ヶ所どうしても取れやすい場所があって困る。
それでも眺めているだけで幸せ。
持っているだけで幸せ。

  1. 2011/06/20(月) 17:40:08|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Iggy Popの写真集

少し前からIggyさんの新しい写真集の話題がネットにのぼっているのだけど、なんかコレ「やらせ」記事に見えるのは私だけ?
いかにも話題になっている風なところや、パリの有名セレクト・ショップである‘コレットでも買える’と書かれているわりには‘コレットでしか買えない’んじゃないかと思えるくらい他店で取り扱いがないところなんかがあやしい。

Mikael Janssonというフォトグラファーによるもので、高級ブランドの服をIggyがカッコよく着こなしているということだが、何が注目の的かって女性ものを着ていることらしい。
そんな記事読んでも実際写真見ても驚かないっちゅうか、Iggyの存在感なら何着てもIggyだろ、と私なんかは思ってしまう。
もうちょっと若い時にこれをやったら萌えたかな。
カッコいいことはカッコいいのでまぁいいか。
  1. 2011/06/18(土) 23:14:19|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

HEAD OVER HEELS

B004ESM22SHead Over Heels
Head Over Heels
Aurora 2011-02-01

by G-Tools
念願のHead Over Heelsをようやく入手。発売してから4ヶ月以上待って、もう来ないのかと思った頃に来た。

このバンド、オリジナルアルバム発売当時は日本盤もあったくらいなのに情報が少ない。メンバーはPaul Frank(g、v)、Michael Urso(b、v)、John Bredeau(d)の3人組。リードヴォーカル、作詞作曲は特にクレジットがなく、後々のメンバーのキャリアから考えるとPaul Frankがリードヴォーカルをとり作曲にも関わっていたことは間違いなさそうだ。オリジナルアルバムは1971年6月Capitolからリリースされた。
結成は1969年と言われているが、PaulとMichaelが66年頃にデトロイトでThe Human Beinz(Beins?)というバンドでプレイしていた時に出会ったという。The Human Beinzといえば同名のオハイオ州のガレージバンドが有名であるが、デトロイトのThe Human Beinzもどこかで名前を見た記憶があり、今回探してみたがどこで見たのかわからない。またそのうち確認してみようと思う。
そしてThe Human Beinzが解散しHead Over Heelsを結成。間もなくJohnも加わりデトロイト周辺で演奏するようになった。Eastown Theaterにはオープン間もない1969年7月に出演。この年は頻繁に出演している。アルバムにはライブ収録した曲もあり、これはEastown Theaterで1970年12月31日に収録された。Grandeにも出演したとライナーにあるが見つけることができなかった。1970年以降はロスでも活動していたようで、アルバム収録もハリウッドで行なわれた。

彼らの音はよくパワー・トリオと称されるようにとにかく力強い。ゴリゴリした男っぽい音でこの時代らしいブルース・ロックが主体だがグルーヴィーでファンキーでかなり本格派。ベースがファンキーにブルージーにと多彩な音を出している。Michaelは後にRare Earthのメンバーになるというからこんな音も納得だ。ただし、もうすでにサイケではなく70年代ハードの音。Paulは歌は上手いし、ギター・テクもある。ハイトーンが暑苦しい印象もあるけれど色気のあるヴォーカルにヘヴィでよく歌うギターがカッコいい。全体的に硬派で70年代ハード好きな人にはかなり好盤なのでは。
「Road Runner」はアルバムの中の一曲として聴いても一番インパクトが強い。ヴォーカルの表現力が抜群でシャウトを一度聴くともう忘れられない。

このバンドがいつ頃まで活動していたのかはわからない。74年にはPaul FrankはFresh Startというバンドでアルバムをリリースしている。これはCD化されていない模様。
f-a
そして82年にはBruzerとしてアルバムリリース。
bruzer
このアルバムはVinny Appice参加のアルバムとして知られているらしい。これもCD化されていない。
2009年にPaul Frankは62歳で亡くなっているそうだ。

収録曲中一曲目の「Road Runner」がすばらしいのはもちろんだが、最後の「Circles」がこれまた良い。ライブ収録で、最初から最後までテンションの高いキレのある演奏が続き、なにやらスタジオ収録よりいい声でコーラスが入っていたりする。7分以上の曲があっと言う間に終わってしまう気がするのはそれだけ中身がある証拠だ。

  1. 2011/06/17(金) 17:26:42|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

忘れてた

そうそう、Amorphisがゆうべだったんだ。チルボドと。
来てたんだね、放射性物質漂う日本に。
ありがとう。
ごめんねー、まだCD買ってない。
でも、ヒゲの声は好きだよ。
早いところ買わないとだんだん優先順位が下がって行くから次の買い物に入れよう。
どうしてもミシガン・バンドの優先順位の方が高いからさ。

凝り性なんだよ、私。
Jujus聴き出したらミシガン州のガレージバンド探しが止まらんわ。
Wagner先生のお仕事を見つけたし、手に入るかわからないけど魅力的なブツも見つけてしまったし。
Bossmenは何度聴いてもやっぱり素敵だし。
まだまだミシガン愛は続くよ~。

  1. 2011/06/15(水) 22:32:57|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

THE JUJUS

B001UC9SCIYou Treat Me Bad
Jujus
Cicadelic Records 2010-08-17

by G-Tools
ここのところデトロイト・バンドのネタが尽きて来たので、マジメにガレージパンクも掘り始めた。60年代ガレージは海外にマニアが多いので海外サイトを検索するのが早道。探してみればさすがミシガン。バンド数は多い。中には初期のGrande Ballroomに出演したバンドもあるようだ。ただし、CDという形で聴くことができるものは限られている。

そんな中で代表的なのがこのJujus。いまや定番コンピであるPebbles、Back From The Grave、Teenage Shutdownなどに収録されている。
今回の編集盤はシングル曲と未発表音源も含めたアンソロジーで23曲もの音源を集めたというところがすばらしい。瑞々しい感性から生まれたちょっぴりせつないメロディを粗っぽくも情熱的に演奏している。青臭さよりもかわいらしさを感じるところがこのバンドの愛嬌か。メンバーの容姿にもまだ幼さが残る。
ミシガン州の中でも東に位置するデトロイトに対して、このバンドは西部の都市を拠点としていたようで、デトロイトのガレージ・バンドと比べてマイルドな印象を受けた。

3~4年の活動期間の中で何度もメンバー交替をしている。ヴォーカルは3人もクレジットされている。中期までヴォーカルをとっていた高めの声が特徴のRay Hummelはメインソングライターでもあった。彼らの一番のヒット曲「You Treat Me Bad」は彼が書いた。この人の曲は単純明快。新しさはないがシンプルなロックンロールでスッと耳から入って心に真っ直ぐ届く。
Hummel脱退後に曲作りの中心になったと思われるRick Stevensの曲もいい。フォーク・ロックやブリティッシュ・ビートの影響を感じさせるポップでモダンな曲はどれも美しい。湿り気のある曲調が多いところが魅力だ。
とにかくオリジナル曲に名曲が多いが「You Treat Me Bad」は名曲中の名曲。好きな女の子に想いが伝わらない歌なのだろう。なんともせつなく、そして想いをぶつけるかのような激しい演奏にドキドキする。USガレージパンクを代表する一曲と言っても大袈裟ではないだろう。
Jujusに出会って今まで以上にガレージパンクに興味が出て来た。

  1. 2011/06/12(日) 22:59:48|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

Iggyさんの・・・

スマン、買っちまった。


でもさ、なかなかリアルでいい出来だと思うんだよ。


見て見て!フィギュアですよ、フィギュア!Iggy Popの!!

necaiggy1nekaiggy2

NECAという海外メーカーのフィギュア。
17cmくらいの大きさ。
私が大好きなRobert Matheuの写真を元にしているようで、最近のIggyさんというところがツボ。

  1. 2011/06/09(木) 17:49:03|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

フィンランドのメタル

メタルはほとんど聴かなくなったけど、ここ1年くらい時々フィンランド勢を聴いてみる。
なんとなくいい出会いがありそうで聴いてみる。
すでに好きになったバンドはまだNightwishのみ。
試したバンド。
Stratovarius、Sonata Arctica、Sentenced、Fintroll、Moonsorrow、Korpilaaniあたり。他にもたぶんお試し済み。
なかなかCD購入までには至らず。

前に聴いたはずなのに忘れていて最近聴いたら「こんなに良かったっけ?」と思ったのがAmorphis。
あらためて動画を見て「ああ、このヒゲか」と思い出す。
デス声に慣れてきたのでこの程度のデスならぜんぜん許容範囲。
新譜買ってみようか。

ザ・ビギニング・オブ・タイムズ

Nightwishもアルバム製作中のはず。

ドイツ勢もわりと好きだけど、ドイツはメタルじゃなくてクラウト・ロックに手を出しそう。

  1. 2011/06/04(土) 23:22:44|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

DETROIT RUINS 1 : VANITY BALLROOM

vanity ballroom
デトロイト・ロック全盛期のコンサート会場第一弾はVanity Ballroom。Charles N.Agreeの設計で1929年に造られた。AgreeはGrande Ballroomの設計者でもある。
古今東西の装飾模様やスタイルを混合したというアール・デコ様式らしく、赤レンガが美しい外観はキュビズムの影響を感じるし、内装には一部アステカ紋様のような装飾がある。華やかなりし時代の写真は白黒ばかりで当時の面影はわずかに残る壁の緑青色やシャンデリアの跡に見られるくらいのものだ。

1930~1950年代はダンス・ホールやミュージック・ホールとして使用された。2階がホール、1階には店舗が入っていた。1958年に一旦クローズし、1964年からは一週間に一夜くらいしかオープンしていなかったようだ。
そして1971年4月13日、ロック・コンサートの会場として再オープンする。この日のステージにはMC5とStoogesも登場した。Velvet Undergroundもこの年2回出演している。ただ、この頃は既にデトロイト・ロックも下火になっていてコンサートの記録は一年分くらいしか残っていないようではある。
Vanity Ballroomが完全にクローズとなったのは1988年で、それまでの間はどの程度使用されていたのかはわからない。

1982年にNational Register of Historic Places(NRHP)に登録された。これはアメリカの歴史的な場所・物・建物等を登録する公的な団体のようだ。登録されるとどうなるのかはわからないがのVanity Ballroom場合、中は廃墟のような様相だが外観はきれいなところを見ると多少は保護されているのだろうか。維持が簡単でないことは間違いなく、結局は管理者次第というところだろう。NRHPに登録されている限り簡単に壊されはしないのかもしれない。

  1. 2011/06/02(木) 22:34:39|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。