+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変ジャケ

Iggy Popという人はアルバムジャケットに恵まれない。
もちろん「Raw Power」は彼の作品の中では奇跡的といってもいいくらいカッコいいが、そういうのは少ないと思う。
オフィシャルはともかく、数限りなく存在する(かつて存在した)オフィシャル・ブート、そしてブートは特に笑える。
Iggyファンはジャケットの良し悪しに関わらず買うのかもしれないけど。

誰これ~?Easy Action編。
face shine 2Iggy大丈夫?めまいですか?

誰これ~?Bomp編その1。
wild bだから~、もっとカッコよくしてあげてよ。

誰これ~?Bomp編その2。
jesus・・・・・・。

誰これ~?Revenge編
hates hero1
Iggy、ハンサムに写ってんじゃん(笑)
hates hero2
こっちが旧盤?
かなり変なコラージュだけど実は結構好き。
だってRonが一番大きいもん(笑)これをデザインした人もRonが好きなのかも。
Ronの怒りを代弁してくれているようなアート。
中身的には‘Stooges’じゃなくて‘Iggy & The Stooges’。


コワイってばRevenge編。
wild r1wild r2
見慣れていてもやっぱりコワイってば。
あ、これはRevengeリリースの方でなくてストレンジデイズが出した方でした。
同じ写真で同じタイトルで中身違うんだよ。Revengeの方が先に出してる。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 22:14:11|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

I’m a Man

Mystic Sivaがカヴァーしている「I'm a Man」。
白人ブルースの名曲中の名曲。

アルバム聴く前は「Prime Moversがやってた曲じゃん」て思った。
そう、The Prime Movers。Iggy Popがまだ二十歳のJames Osterbergだった頃、まだドラマーだった頃のバンド。
聴いてみたらなんだか違う曲?
よく見るとPrime Moversの方はEllas McDaniel(Bo Diddleyの本名)、Mystic Sivaの方はWinwood、Millerとなっている。
同名異曲というわけだ。

Winwood、Millerって誰?ということだが、もちろんこれは私が無知なだけで。
イギリスのバンドThe Spencer Davis Groupの看板オルガン奏者であるSteve WinwoodとプロデューサーのJimmy Millerによって書かれた曲である。
このWinwood、当時はまだ10代だったようでバンド内でも一番の若年だった。
ところがファンキーなオルガンやギターをこなすのはもちろんのこと、なんといっても歌がうまい。
リードヴォーカリストを差し置いて本格的なブルースを聴かせてしまう天才肌。
イカした曲を作るセンスも耳のよさ、喉のよさも真似しようとしてできるものではない。
「I'm a Man」はヒットしたものの、この後Winwoodはバンドを離れ自身のバンドTrafficを結成する(このバンドなら私でも名前は知っていた)。

「I'm a Man」のカヴァーといえば、Chicagoが一番有名のようだ。
ちなみにBo Diddleyの方はThe YardbirdsやThe Whoもカヴァーしている。


今年の後半はUSと平行してUKにも手を出してみようかな。



  1. 2011/03/26(土) 21:12:49|
  2. Cover
  3. | コメント:0

THE DARKNESSが再結成してたとさ

それもオリジナルメンバーだって。
17日ごろから話題になっている様子で、よく調べてみると去年の夏から再結成に向けて動き出したみたいよ、という話は出てたよう。
要は仲違いしてたホーキンス兄弟が仲直りしたということなわけだ。
でもHot Legがうまくいかなかったから?と勘ぐってみたりもするわけよ、私は。

5月ごろに新譜が出るということで、アルバム聴いても眠っちゃって最後まで通して聴いたことのない私が言うのもなんだけど、いい作品が出来上がるといいね。

  1. 2011/03/24(木) 22:53:16|
  2. その他Rock
  3. | コメント:0

Ron Asheton Foundation

今年に入ってこんなサイトが生まれていた。
Ron Asheton Foundation」―‘ロン・アシュトン基金’である。
動物を愛し音楽を愛したRonの生き方を遺産として伝え育てようという主旨の慈善団体。
Ronの故郷のAn Arborを中心に動物愛護と音楽普及やアーティストのサポート活動をしていくようだ。
オフィシャルサイトでは動物の足跡マークをクリックすると寄付の案内ページに行くことができる。
まだ生まれたばかりのこの団体。
Ronの妹のKathyの名前が見えるしStoogesのオフィシャルでも紹介しているちゃんとした団体ではあるようなので、長く続けて社会に貢献のできる団体に育って欲しい。

活動第一弾として4月19日にAn Arborにおいてロン・アシュトン・トリビュート・コンサートが行なわれる。
Henry RollinsがMCで、Iggy & The Stoogesも出演(Deniz Tekも!)ということでチケットはあっという間に売り切れた。
ポスターに‘We will have a real cool time’とあって、ああ、なんだか好いなぁ、と行くこともできないのにワクワクした。


サイトでこんなRonの言葉を見つけた。
‘My best friends are my four-legged ones’
優しいRonの人柄がにじみ出ている言葉だと思う。

  1. 2011/03/18(金) 22:42:49|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

暗黒ソロ期



Sony UKの「Original Album Classics」シリーズでIggy Popの3枚組がAmazonで4月5日、HMVは3月29日に発売予定。
David Bowieから離れアリスタに移籍した時期の「New Values」「Soldier」「Party」。
この時期のIggyは地味である。
Iggy自身、ソロとしての方向性を模索していた時期だったのかもしれない。
当時のライブ音源を聴いてもベルリン期の2アルバムからの曲に比べるとこの時期に生まれた曲は盛り上がりに欠けるように聴こえる。
個人的に80年代のニューウェーブ路線の音楽も苦手傾向。
それでも、こんなふうに3枚まとめて廉価版で手に入る機会に買っておくのもいいと思う。
だって本当に安いもの。
A&M期の2アルバムのコンピレーションなんて‘ちょっと高いなー’と迷って結局買ってない。




そして、少し前にStoogesのオフィシャルで宣伝されたSteve Mackayのソロも発売中。

  1. 2011/03/14(月) 23:18:37|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

普通の日々

新潟も地震はかなり大きかったけれど、少なくとも新潟市内は平穏に時が過ぎている。
十日町の方では12日未明の地震で被害が出ていて、それでも局地的なのだろうか。
中越地震では真っ只中だった妹の暮らす地域も今回は大したことはないようで一安心。
東北の友人達の安否はまだわからない人の方が多くて気持が重くなる。
それでも私は自分の生活をいつも通り送ることしかできないのだなぁと、この2日間つくづくと感じた。

地震のあった晩は神経が高ぶっていたし余震もあったし、ニュースで流れる映像に圧倒され、さすがに何も手につかなかった。
ゆうべはいつもの音楽を少し聴いてみた。
音楽を聴く気にもなれない、という人もいるけれど、私は癒された。
ドラムの音が心臓の音のように聴こえた。
自分の鼓動を感じながら生きていることに感謝した。
  1. 2011/03/13(日) 22:35:51|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

Dolls ニューアルバム



New York Dollsの新作がもうすぐ発売される。
にわかファンというか短期集中ファンだった私としては陰ながら応援してる程度だけれども(CD買いもしないで応援もないが)ここに来る人はドールズファンもいるかもしれないし宣伝しとこう。
リ・ユニオン第3弾になるのかな。
アーサー亡き後も順調に活動を続けてることは喜ばしい。

だけど、アーサーがいないのはやっぱりさびしいな。
ロンがいないStoogesが物足りないようにアーサーがいないドールズは物足りない。

いやいや!ロンがいないことは物足りないどころじゃない。
私にとってはもっともっともっともっともっと大きな大きな穴・・・
そのことを痛感するばかり。

  1. 2011/03/10(木) 21:18:52|
  2. Iggyと出逢った人々
  3. | コメント:2

TOBACCO ROAD

Mystic Sivaの編集盤に収録されているカヴァーは3曲とも音楽に疎い私でも知っている曲だった。
とはいっても一曲はすでに書いた通りSRCの「Black Sheep」ではあるが。

そのひとつが「Tobacco Road」。
アレンジ次第でポップにもファンクにもソウルにもカントリーにもR&Bにもパンクにもどんな風にもなれる名曲で、それゆえに多くの歌手やバンドが演奏している。
私が持っている数少ないCDの中でさえ、Nuggets収録のThe Blues Magoos、Rare Earth、そしてMystic Sivaと登場するくらいだから、それだけ多くのカヴァーヴァージョンが存在するということだ。
私の大好きなバンドSweetの「Blockbuster」はこの曲からインスピレーションを得て生まれたというのは前から知っていたが、あらためて聴き比べてみたりしている。

原曲の作曲者はJohn D.Loudermilk。
この人はアメリカの歌手で60年代にはそれなりにヒット曲も出していたが、作曲家としての評価の方が高いようだ。
カントリーからポップまで手がけ数多くのヒット曲を生み出した。
「Tobacco Road」はイギリスのポップバンドThe Nashville Teensの1964年にリリースされたデビューシングルでイギリス6位、アメリカでは14位と大ヒット。
Loudermilkは他に何曲もThe Nashville Teensのヒットに貢献している。
「Tobacco Road」の方はというと、The Animals、Jefferson Airplane、Spooky Toothといった60年代に活躍したバンドやEdgar Winter、David Lee Roth、他にも名前の知らないたくさんの歌手やグループによって歌われ演奏されている。

  1. 2011/03/06(日) 17:12:30|
  2. Cover
  3. | コメント:2

DIRTY WATER



届いてから2ヶ月たってもさっぱり聴き込まないうちにもう第2弾がリリースされるという・・・
てゆうか、もそっと盛り上がると思ったのにちっとも盛り上がらない私。
プロトパンクも挫折だろうか。

‘The Birth Of Punk Atitude’との副題の通り、50年代 ロックから、ジャズ、レゲエ、ヒップホップなどジャンルを超えて音楽の本能を揺さぶるパンクのアティチュードが詰った貴重なアーカイヴ2枚組。
このあたりは受け売りなのだが、ホント‘これもプロトパンク?’と思ってしまう曲も多数。
そのへんはおもしろい。
ガレージでは定番中の定番The Standellsの「Dirty Water」から始まり、Disk1には我らがMC5、The Stooges、さらにはDeathも登場するが、Stoogesはもっといい音源があったろうにと大いに不満。
UKロック界のカリスマ・ライターと呼ばれているらしいKris Needsによる編集ということで、この人をまったく知らない私には有り難味のわからないアルバムだったりする。
UNCUTのおまけCD‘Punk before Punk’のセレクトとダブるものが幾つかあるものの、私はUNCUTセレクトの方が好きだった。

Disk2でCD聴いてみようかなと思ったバンドがあったことは収穫。
CD聴いて満足いくバンドがあれば結局このアルバムも買ってよかったということになるわけか。
第2弾も気になるバンドはあるものの考えてしまう。
Stoogesは第2弾には収録されていないがミシガン・バンドはやはり複数登場。

  1. 2011/03/02(水) 21:53:33|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:2

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。