+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年もありがとう

今年は精神的にしんどい時期があって、そんな時音楽に救われた。
周りの人たちは「自分は自分。人は人。」という感じで、自分以外の自分の思い通りにならない人を感情的に切り捨てるようなところがあって、でも私はそういうのができなくて。
どんな人でも好きになれない人でも、どこかにいい部分がある、と思うことが自分にとって救いだった。

そう思えるのってロックミュージシャンがどんなに社会的にダメ人間でもどこか人間的な魅力があったり、私が音楽を通じて精神のバランスを保っていたりすることによるところがある。
社会にうまく適応できない人でも生きていかなくてはいけない。
時には生きるために音楽を諦めなくてはいけない。
ひとつのバンドにいてもメンバーそれぞれの人生がある。
私はもう若くなくて、そして今はもう若くない人たちのかつての音楽を聴いているせいか、たかがロックなのかもしれないけれど私には学ぶものがあった。

生きるってさ、かっこいいことばかりじゃない。
むしろ情けないことの方が多いんだよね。
それもいいじゃない。
そう思う。

情けなくたっていい。
だから明日も頑張れる。

そして来年も。



今年もありがとう。

来年もよろしく。


スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 17:37:26|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

今年の1枚

2010年も残り少なくなってきたところで今年一番愛聴したアルバムを。



The Bumpの「Bump」。
三年目にしてとうとうミシガンのバンドが登場!

今年購入したCDをザッと眺めたけど強烈なインパクトのあるアルバムには出会えなかった。
Gene Clarkもいい線行っていたが、Bumpは聴けば聴く程に味わいが増して、気がつくと現在進行形でしょっちゅう聴いている。
いろんな要素が詰まっていて何度聴いても新鮮なのだ。
歌うようなファズギターとオルガンが導くドラマティックな展開がとにかくたまらない。
武骨なドラムの音も、技巧はないけどまっすぐなヴォーカルの声も好きだなぁ。
ベースもじっくり聴くとロックぽくないところがいいんだよ。


最近は70年代ハードも聴くようにしている。
でもやっぱりサイケとハードロックの狭間にいるような曲が好きなのだと思う。


そして、今年はThe Stooges関連のリリースが多かった。
嬉しい反面、だんだん大袈裟になっていくのがうっとうしくもあり。
この流れもそろそろ終りだとは思うのだけど、どうだろう。

  1. 2010/12/28(火) 23:51:07|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

MICHIGAN MAYHEM !

m-mayhem
60年代アメリカはミシガン州のガレージバンドのコンピレーション。
‘Mayhem’って何よ?と辞書引いたら‘騒乱’だそうな。‘ミシガン・ガレージの至宝’みたいなことが書かれてますな。これはVol.2で、もちろん第一弾もあったのだけど、もたもたしているうちに買い逃した。Vol.2がなかなかいいので失敗失敗。

もちろんMid60'sということでMC5やStooges以前のバンドばかりながら、なにやら爆裂デトロイトロックの息吹を感じるところがGood。要は暴れん坊度が高い。その点は前に紹介した「Where You Gonna Go ?」以上に満足。それにデトロイトエリア以外のバンドも選りすぐっているためか飽きない。
名前が知られているところでは人気クラブHideoutが育てたThe Four Of Us、The Pleasure Seekers、The Underdogsが収録されている。The Fugitivesは「Not the‘Detroit-later-became-SRC’Fugitives」と断わり書きされていてガッカリ。

The Pleasure Seekersはガールズ・バンドで、70年代にイギリスでソロ活動するSuzi Quatroが在籍したバンドとして知られている。音楽一家に育ったQuatro姉妹。姉のPattiが1964年にこのバンドを結成した。後には姉妹のNancyやArleneも参加することとなる。
pleasure seekers
やはり女の子ばかりだと華がある。見た目もさることながら歌声やコーラスがチャーミングなのは女子ならでは。もっと他の曲も聴いてみたくなる。

1. The Plagues - I've Been Through It Before
2. The Friars Of Youth - All You Wanted Was A Stand By
3. The Pickwick Papers - You're So Square
4. The Marauders - Nightmare
5. The 4 Of Us - You're Gonna Be Mine
6. The Pleasure Seekers - Never Thought You'd Leave Me
7. The Grifs - Keep Dreamin'
8. The Fabulous Chantels - Remain Unknown Girl
9. The House Of Commons - Till Tomorrow
10. Underdogs - Surprise, Surprise
11. The Beaux Jens - She Was Mine
12. The Marauders - Lovin'
13. Rob Kirk & The Word - Girl Talk
14. The Lee VI's - Pictures On My Shelf
15. The Innsmen - Things Are Different Now
16. The Aardvarks - I Don't Need You
17. The Fugitives - I'll Hang Around
18. The Aardvarks - That's Your Way
19. The Mixed Emotions - My Backdoor
20. The Royal Coachmen - You Can't Get Me Down
21. The Chentelles - Be My Queen
22. The Run-A-Rounds - I Couldn't Care Less
23. The Aardvarks - I Don't Believe
24. The Ascots - Who Will It Be
25. The Lee VI's - I Don't Know
26. The Chessmen - You Can't Catch Me
27. The Henchmen VI - Is Love Real?
28. The Fugitives - You Can't Blame That On Me
29. The Friars Of Youth - Sparrleyy Manurpuss

  1. 2010/12/26(日) 23:15:09|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

GREAT WHITE



昨日のラジオ‘三昧’で印象に残ったのがこれ。
見た目はいかにも80年代のメタルバンドなのに曲はなかなか渋い。
Zepのコピーが得意なバンドなんだね。
この頃は歌も演奏も巧いバンドか多かったな~。

  1. 2010/12/24(金) 19:25:31|
  2. その他Rock
  3. | コメント:0

三昧

NHK‐FMの人気シリーズ「今日は一日 ○○三昧」。
今日はハードロック・ヘビーメタルです。
ええ、あえて‘ヘビーメタル’と書いてます。
天下のNHKがそう表記しているんだから正しい日本語なんでしょう。ねっ。

去年は聴き逃したのですよ。
今日は仕事だったので帰宅した19時半頃から夕飯作りながら聴いて、中断して今また聴きながら書いてます。
今回は間違いなくRonnie James Dioが登場するなぁと思ってました。
プレイリストをのぞくと一曲目からRainbowだったようで。
Heanen & Hell、Dioもやったんだね。当然だぁね。
ん?ELFも?

おっ、Accept!と思ったら新しい曲か。なぁんだ。

名前は知ってても聴いたことのないバンドばっかりだからたまにはラジオもいいね。

  1. 2010/12/23(木) 21:48:43|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

DAVE ALEXANDER

101220

The Stooges初代ベーシストのDaveです。
これまた似てないが許して。

この人は1970年の脱退後は何をしていたのかわからないけど、75年肺炎のため27歳の若さで亡くなっている。
彼の生家はメンバーの中では一番裕福だったようで甘やかされて育ったようなイメージがある。
彼に関するエピソードは少ないものの、音楽初心者だったDaveがメキメキ上達し曲作りの大きな戦力になったと今では言われている。
Iggyもインタビューの中で、Daveには優れた音楽センスがあって他の人が思いつかないような音を出したと語っていた。
脱退の原因のステージ上での失態については大舞台でビビって飲みすぎたという話。
いっぱしの不良ぶっていたがメンバーの中では一番普通の人だったのかもしれない。


  1. 2010/12/20(月) 17:20:34|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

IGGYさんのLOUIE



ソロIggyさんではこの頃が特に好きかなー。
この映像は1993年「Amarican Caesar」のツアーあたりだと思う。
まだ若くて体は削ぎ落としているし、動きも軽快。
ポケットが飛び出しているところがたまらないわ~。

「Coffee and Cigarettes」の「カリフォルニアのどこかで」も1993年に撮影している。
私が惚れたIggyさんはまさにこの時のIggyさんで、後から‘やっぱり93年だったのか!’と嬉しくなったものだ。
この頃のライブDVDがあったらいいのに。
そもそもソロキャリアのライブアルバムやライブビデオが少な過ぎ。

  1. 2010/12/17(金) 22:51:12|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

冬到来

雪は今のところ大したことはないものの一気に真冬の寒さに。
冷えたのか昨日からお腹を下してます。
会社では「ノロしっしっ!」とからかわれつつ、とっとと早退させられました。
ノロウィルスじゃないからね。

デトロイトも寒波到来のようで氷点下11度!
もっと冷え込むこともあるとか。
除雪しただけで人が死ぬのもわかるなぁ。
たしか緯度が北海道と同じくらい。
  1. 2010/12/15(水) 21:00:27|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:2

THE STOOGES

stooges1st

ワーナーミュージック・ダイレクトから購入したもう一つの企画モノというのがコレ。
The Stoogesのファーストアルバムのコレクターズ・エディション。
ロックの殿堂入りを記念してRhino Handmadeがリリースしたもの。
一般的に出回っているデラックス・エディションにも収録されているOriginal John Cale Mix等に加え、未発表テイク・ヴァージョンと未発表曲「asthma attack」が収録されている。
CD2枚に加え「asthma attack」のテイク違いが入った7インチシングルレコードが7インチ正四方形ボックスに収められているという仕様。

デラックス・エディションを持っていない私としては未発表曲という目玉付きのこいつは買わずにはいられない代物だったわけで。
でも、よく見るとデラックス・エディションにはあってこちらにはないテイクもあるみたい。
結局は全部買うはめになるのかな。

まず一番に何に感動したかというと音がいいこと!
私が持っているCDはリマスター前のもの。
リマスターによって音がクリアで迫力が増している。
でも好きなのはモノ・ヴァージョンだったりするけど。
抑圧された音なんだけど、うねっているんだよね。
ヴォーカル違いのヴァージョンも楽しいし、ヘタクソさがよくわかるテイク違いもおもしろい。
John Caleのミックスはベッタリと重くてサイケ。
Iggyたちが求めていた音とは方向性が違ったのはよくわかる。
うまく表現できないけど、妙にスカッとしない。悪い意味でなく不快。
なんというか胸の中にどろどろっと残るものがある。
呪われそう(笑)
これは聴く価値あるよ、ホント。

そうそう忘れるところだった。「asthma attack」。
Fun Houseに入ってもおかしくない曲。
歌というより叫んで吼えてる。Iggy吼えすぎてむせてるし。
ちょっと実験的過ぎて収拾がつかなくなっている感じはある。
ジャム・セッションから生まれるのかな、こういう曲は。


最後にミーハー観点で。
今回使われている写真はJoel Brodskyというフォトグラファーによるもので、ファーストアルバムのジャケット撮影の他の写真が入っている。
「The Authorozed and Illustrated Story」に載ってない写真もあって、これがいいのだ。
4人全員やけにハンサムに写っている写真はあるし、特にAsheton兄弟がかわいい。
Scottはまだ20歳くらいだったもんなぁ。若いわけだ。
Daveは写真によっては美形なんだよね。
Iggyの名前がIggy Stoogeになってる!初めて見た(笑)
とにかく極めつけはRonの笑顔!!!
なんかもぉ、生きててよかった!(Ronは死んじゃったけどサ)って思うくらい幸せ気分になれる笑顔。
Ron、好きだ大好きだ!
これだけStoogesが好きなのは間違いなくRonがいたからだと思う。
現Iggy & The Stoogesにはあまり興味が湧かない。
おかげで今年はFun Houseに惚れ直した。
うーん、7枚組も欲しくなってきたなー。

  1. 2010/12/12(日) 22:09:05|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

HAVE SOME FUN

hsf

一昨日来たよ、Have Some Fun:Live At Ungano’s。
2日に発売だった模様。
もう一つ欲しいものがあったので初めてワーナーミュージック・ダイレクトで買ってみた。
もちろんそれもThe Stooges。
これがまた私にとってはお宝でちょっと泣けた。

このライブ、1970年の8月17日にニューヨークで行なわれたのだが、前の記事で書いたZeke Zettnerが出演している。
7月に2ndアルバム「Fun House」がリリースされ、8月7・8・9日に開催されたミシガン州ジャクソンでのGoose Lake Pop Festivalの中日でのステージでベースのDave Alexanderが泥酔して演奏ができなくなるという失態をし、カンカンに怒ったIggyがクビにしてしまった。
Unganoでのライブは急ごしらえの編成だった。

[HAVE SOME FUN]の続きを読む
  1. 2010/12/11(土) 22:51:28|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

JIMMY RECCA

101208

今月はまだ描いたことのないStoogesメンバーを短時間でざくざくっと切ろうと思う。
まずはJimmy Recca。
・・・・・・。
コワイ顔になってしまった。
もっとかわいい顔の人なんだけどなぁ。男子にしては髪型もかわいい。

彼は2代目ベーシストというか3代目ベーシストというか。
Dave Alexander脱退後、ローディーのZeke Zettnerがとりあえず数ステージだけベースを弾いた。
間もなくJimmyと交替、という話は前にも書いた。
Jimmyもバンドにいた期間は短い。
1971年の早い時期にバンドメンバーとなり、同年の8月か9月にはバンドは活動停止状態になったと言われている。
後にIggy & The Stoogesが解散しRon Ashetonが結成したNew Orderに参加している。

ところで、再結成Stooges、Jimmyを呼ぶという案はなかったのかな?
Jimmy以外の歴代ベーシストは全員亡くなってるんだよね。
Mike Wattも好きだけどJimmyを呼んでくれたらもっと気持が盛り上がったかも。

  1. 2010/12/08(水) 21:07:25|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

ハマり過ぎ

iggy_chair

写真は極力貼らないようにしてるんだけど、これは久々に萌えた!
どうして椅子をかぶっちゃったんだろうね。
理由なんてないだろうけどさ、歌うのに必要ないからね、椅子。

  1. 2010/12/03(金) 22:45:17|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

発売延期

「A Thousand Lights:Live In 1970」が1月11日に発売日延期になった。
海外モノにはよくあることで、その点はEasy Actionは同様なのでガッカリするのが嫌で予約していなかった。
Rhino Handmadeの方は予約していて12月中には発売予定だけど、こちらもわからない。

Bompの「Rough Power」も入手が難しいようで入荷遅延の連絡が来た。
「Rough Power」は前に‘あったら欲しい’と書いた「Raw Power」のオリジナルテープから落としたCDらしいんだよね。
これが手に入れば「Raw Power」巡礼はほぼ終了。
あと、ブートらしきDVDが欲しいのだが。
予算的に年内は見送りかなぁ。
  1. 2010/12/01(水) 21:56:46|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。