+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

The New York Dolls ~latter part


これは映画が撮影された時点で思いもよらない人生を送っていたArthur”Killer”Kaneのドキュメンタリー。
バンド脱退後のArthurの人生、そして音楽と無縁の生活を送る彼に突如降ってわいた一夜限りのDolls再結成話。

1974年のJohnny ThundersとJerry Noran脱退後も残り3人でしばらく活動していたが、ArthurはDavid Johansenと大喧嘩して脱退。
DavidはジャンキーだったJohnny達を引き止めなかったのと同様にアルコール中毒のArthurも引き止めなかったらしい。
75年、ここにNew York Dollsは解散する。
その後Arthurは音楽活動を続けるがうまくいかず生活は困窮する。
仕事はなく酒浸り、暴力もふるう夫に愛想を尽かし妻は出て行く。
ヤケになったのかArthurは自宅の2階から飛び降り怪我をして入院。
これが転機となる。

退屈な入院生活の中、ベッドで読んでいた新聞にモルモン教の広告があった。
電話連絡後、幾度かの宣教師の訪問を受け入信。
後に教会の図書館に勤務するようになった。
戒律の厳しいモルモン教によりArthurの堕落した生活は一遍。もちろん酒もタバコもやめた。
バスで職場に通い、仕事をして、またバスで自宅に帰る、平凡で変わり映えのしない毎日。
髪は額が上がり、地味なネクタイを締めた物静かな50代のおじさんだ。
その姿からはかつてのロックスターの面影を見出すことは難しい。
しかし彼は今でもDolls時代の輝かしい日々を忘れられずにいる。
決して成功したわけでもなく金銭的にも苦しいはずだったDolls時代だが、彼にとっては「人生最高の思い出」なのである。

彼は今でも貧しく、質に入れたベースを買い戻せないでいる。
質流れを防ぐため毎年利子分を支払うのが精一杯なのだ。
かつての仲間であるDavidとSylvian Sylvianが今でも音楽活動を続けていることを羨ましく思いコンプレックスさえ感じている。
特に喧嘩別れし、メンバーの中では唯一の成功者といえるDavidに憎しみさえ抱いていた。
そしてDollsのフォロワーのバンドたちが成功して稼いでいることに怒りを覚えていた。

Dollsというバンドは今でこそ世界的に知名度のあるバンドになり、その音楽性も先進的なパフォーマンスもリスペクトされているが、当時はローカルな人気に止まりレコードは売れなかった。
そもそも彼らが最初に注目されレコード会社との契約がまさに結ばれようという時に初代のドラマーがドラッグ絡みで突然亡くなったことから彼らには悪名がついてまわるようになった。
さらに彼らは世間知らずだったのだろう。
契約時にすべての権利を手放してしまったのだと思うのだが、現在も彼らにはまったく印税は入って来ないのである。

この映画の監督もモルモン教徒で教会でArthurと知り合い、彼の人柄に興味を持ち彼を映画にしたらおもしろいのではないかと考えていたところ、偶然にもDolls再結成話が持ち上がったらしい。
そこで映画制作も現実味を帯びてくる。
彼はArthurに密着しカメラを回す。
Arthurの心は再結成に対する戸惑い、喜び、期待、不安など様々な感情で揺れ動く。
物語はあっという間に進んでいき、公演一週間前のリハーサルに突入。
ここでArthurは30年ぶりにDavidと再開する。
Davidとの関係というのがこの映画のひとつのキーポイントになっているように思う。
Arthurの不安の大もとはここにあったと言っていいのだから。

物語の結末は今ではもう有名だと思うが、あえてここでは書かない。
ロックスターを夢見て挫折した人間はこの世にたくさん存在することだろう。
‘一発屋’と呼ばれ一度はチャンスを手にしながら、その後消えて行ったバンドもたくさんある。
だが、こんな‘運命’と言っていいような人生に出会う人がどれだけいるだろうか。
エンドロールを見ながら、感動というよりは不思議の感に打たれ頭がしびれたようになった。



Dolls祭りの最後が「ALL DOLLED UP」。
これもドキュメンタリー。
前出の写真集のカメラマン・Bob Gruenが3年にわたって撮影したプライベート映像を編集したものである。
当時は最新式だったハンディタイプのビデオカメラで撮られているがオール白黒。
だが、貴重なライブ映像に加え、バックステージの様子、移動中の様子などを見ることが出来、メンバーの飾らない生の声を聞くこともできる。
「New York Doll」を見た時Arthurの声や話し方が年寄り臭いと思ったが、これを見てArthurは若い時からあんな声であんな話し方だったのだと知りおかしかった。

アルバムは夢中になれなかった私でもライブの映像にはわくわくした。
ライブの方が断然いい。
このDVDを見終わった頃には幾度となく流れた何曲かは抵抗を感じなくなり、頭の中に自然にすうっと流れるようになった。
ショウマンに徹しているDavidはすごい。
これではドラッグにおぼれロックのためにドラッグをやってるんだかドラッグのためにロックしてるんだかわからなくなってしまったメンバーとはうまくいかなくなるわけだ。

Handsome Dick ManitobaのBob Gruenへのインタビューも愛があっていい。


  1. 2010/08/28(土) 23:49:59|
  2. Iggyと出逢った人々
  3. | コメント:0

The New York Dolls ~first part


IggyとJohnnyを描いている頃このCDを聴いていた。
何回か聴いたけどピンと来ない。
とてもわかりやいR&Rなのだけど、どの曲も同じに聴こえてしまう。
それにDavid Johansenの声になじめない。
The Stoogesのどこがいいのかわからないという人でも大ファンだったりするのに相性が悪いのだろうか。
それでもDollsが気になって気になってしかたない。

彼らは活動期間が短く当時の動画も、意外にも写真も少ない。
そこで貴重な写真集を次に購入。

2008年に出版されたBob Gruenというロック・フォトグラファーの写真集。
この人はDollsのライブに通ったりツアーに同行したりしてメンバーと行動をともにしながら彼らの写真を撮りためた。
今になっての出版となったのは2004年の再結成が契機なのだろう。
再結成の立役者であるMorrisseyが後書きを添えている。
すでにメンバーが4人他界しているこのバンドの生き残りであるDavid JohansenとSylvain SylvainへのLenny Kayeによるインタビューもある。
さらに各写真の間にはメンバーや彼らのファンであり同時代に活動したニューヨーク・パンク勢の発言が盛り込まれている。
生前のJohnny Thunders、Jerry Nolanの言葉、Johnny Ramone、Dee Dee Ramone、Richard Hell、Iggy Pop、Stiv Bators、Malcolm McLaren、Todd Rundgren、Debbie Harryなどなど。

白黒が多いが、世間の度肝を抜いたファッションを楽しむのにもってこいの本。
女性服や子供服を着るという発想が当時では奇抜で、古着を着たりガールフレンドから借りたりしていたようだ。
スタイリング担当のフレンチという名前のスタッフがいて彼が古着屋から調達していた。
彼らのファッションは‘娼婦’だったそうだが、もちろんそれはねらってのこと。
メイクをしてド派手な服を着、オネェ言葉を話し、最初はゲイだと思われたが全員ストレート。
Davidはとにかくスリムで彼が着ていたワンピースを他の写真ではガールフレンドが着ていたりする。
彼はものすごく工夫もしているしこだわりも持っている。
ただ女装をするとオバチャンに見えてしまう。
モンキー顔で額がやけに広くてお世辞にもハンサムとは言えないが笑うと愛嬌があり憎めない。
女装して1番かわいいのはJerry。
「女のカッコなんてしてられるか」と言って女装をしなかったJohnnyはセンス抜群で何を着てもかっこいい。
特にあの時代にあのヘアスタイルはすごい!
彼は高校時代から長髪で洋服をたくさん持っていて(ガールフレンドもたくさんいて)オシャレだったとSylがインタビューで話していた。
SylとArthurのファッションはちょっとヘン。
メンバーで衣装を着まわしているあたり微笑ましい。

多くの若者やアーティストがインスピレーションを得たが、拒絶反応を示す人たちがたくさんいたこともわからなくもない。
現代ではそれほど驚かれないとしても真面目な大人にはやはり‘色モノ’扱いされそうだ。

ちなみにこの写真集の表紙、サテン調の光沢あるピンク。文字はシルバー。
ちょっとグリッターな感じ。

そして、興味のそもそものきっかけであった「New York Doll」を見た。




・・・<後編>へ続く。

  1. 2010/08/27(金) 21:58:50|
  2. Iggyと出逢った人々
  3. | コメント:0

YEAR OF THE IGUANA



アメリカのBOMP RECORDSが97年に出したIggy And The Stoogesの編集盤。
手元に届いたCDはプレスを重ねたためかジャケットの文字の色がピンク。

このBOMP!はStooges解散後の70年代から未発表音源をリリースしていたレーベル。
Iggy & James Williamson名義の「Kill City」(1975年制作、77年リリース)は決してブートレグではなくきちんとロイヤリティも支払われていたようだから、その後BOMP!から出た編集盤もバンドが存在しない限り非公式と言って間違いはないだろうけど、ブートとは言い切れないのかもしれない。
実際、Stoogesの写真集のディスコグラフィーでは〔bootleg〕と断っているレコードがある一方でBOMP!やSkydogには表記されていない。
このCDには各曲の権利の所在はもちろん明記されている。
76年にフランスのSkydogが出した「METALLIC K.O.」は最初に非公式で出たレコードであり、Stoogesの74年のラスト・ライブを収録していることで有名。
その後、80年代、90年代とものすごい数のレコードやCDが各国レーベルから出されるわけで。
音源の出どころはメンバーその他なんだろうけど、音が悪いのはもちろんセンスのないジャケや使いまわしのどこかで聴いた音源なんていうのもよくある話。

その点、BOMP!は比較的質のいいものを出している印象はある。
この「Year Of The Iguana」はライブ音源もあるがリハーサルやアルバム制作に伴って録音されたものが多く、ある程度完成されたヴァージョンが選ばれていて、演奏がしっかりしているし音もいい方ではあるので聴き応えがある。
各音源の出どころも解説されていて、ご親切にも自社の製品ナンバーを添えて別バージョンを紹介している。

Stoogesはオフィシャルで出したスタジオアルバムはたった3枚だが、エレクトラ時代はもう1枚アルバムを出す予定ではいたし、IggyとWilliamsonのコンビの曲はレコーディングされていないもののライブではかなり演奏されていたしで、公式には未発表の曲はけっこう存在する。
今回収録されている曲もファンには人気が高い曲が多い。
個人的に好きなのは「Scene Of The Crime」。Iggy節と言ってもいいくらい定番(ワンパターンとも言う)の歌メロに個性的なギターリフが印象的。
めずらしくしっとり系の「Open Up & Bleed」と「Till The End Of The Night」はStoogesの違った一面を見せるとともに作曲コンビの幅広い音楽性を感じさせる。
この手のアルバムはファンにしかオススメできないが、それでもベストアルバムを聴くよりStoogesというバンドを感じることができると思う。
再結成Iggy & The Stoogesでも聴くことのできない曲がいくつもあるので興味があってもブートは躊躇するという人でもAmazonやHMVで販売されているようなCDは思い切って聴いてみるといい。
きっと新しい発見があるはず。

  1. 2010/08/25(水) 21:42:05|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

STIV BATORS

Sue Rinsky撮影のDestroy All Monsters写真集で、Handsome Dick Manitobaとともに誰だかわからない人がいた。
その写真、Sirius Trixonも写っているし、わからない彼はどう見ても只者ではない雰囲気だし、ずっと気になっていたのだ。
そして彼の正体がつい先ほど判明。

The StoogesのCDについて調べるのにBOMP!のサイトを見ていたら彼の写真があることあること。
え?この人がStiv Batorsなの?
Stivなら名前は知っている。The Dead Boysのヴォーカルだ。
The Dead Boysあたりになると苦手範疇に入ってくるのでノーチェックだった。
このバンドもライブで「Search and Destroy」をやってる。
残念ながらIggyと一緒の写真は見つからず。
↓ちなみにBOMP!が出したStivのソロ。

このジャケット写真も前々から知ってたんだよなぁ。まさかStivとは。

さらにさらに、The Lords of the New Churchのヴォーカルだと知って2度びっくり。
なんとなく知ってるバンドだったけど同一人物に見えない。言われてみればという感じ。
今はこのバンドにはおもしろい顔ぶれが揃っていたのがわかる。

ああ、それにしてもスッキリした。

  1. 2010/08/24(火) 21:25:35|
  2. Iggyと出逢った人々
  3. | コメント:0

癒し系



1967年リリースの「Gene Clark with the Gosdin Brothers」。
Gene ClarkがByrdsを脱退してソロに転向後第一作。
これも「White Light」同様グループ名=アルバム名という感じで、amazonでは題名が「With the Gosdin Brothers」となっている。

これも何とも癒し効果のあるアルバムなのだが、何に癒されているのだろうと考えると‘ギター’に尽きる。
曲そのものは「White Light」よりポップ。
ファンのレビューを見るとByrdsっぽい曲やBeatlesの影響を感じさせる曲があるということだから、この印象も間違いではないだろう。
Geneの声も「White Light」より艶っぽく感じる。
カントリー畑のVernとRexのGosdin Brothersのギターがこの時期のGeneの曲の軽妙さにしっくり来ている。
アコギも色気があるものだと感心した。
スワンプロックのReon Russellがピアノとハープシコードで参加。
Jerry Cole、Clarence White (Byrds在籍)などのカントリーギタリストの名前も見える。
徹底的にカントリーロックのミュージシャンで制作しているにも関わらず泥臭さは強くなく聴きやすい。
もちろんGeneが書く曲はどれも美しく心に響く。
パンクやメタルを聴いて疲れを感じた時に聴くとほのぼのと心地よく、本当に癒される。

  1. 2010/08/23(月) 23:08:39|
  2. 他ジャンル
  3. | コメント:0

PLEASE KILL ME


幾度となくこのブログに登場している「プリーズ・キル・ミー」。
IggyはもちろんVelvet Undergroundのプロローグから始まり、Johnny Thundersの死をエピローグに繰り広げられるオリジナル・パンクたちの生々しい証言集。
増補された証言集の最後の最後を締めくくるのがRobの追悼ライブのために結集したMC5の面々をめぐる出来事。
Wayneの言葉が何度読んでも泣ける。

ところで、とっても読み応えのある大満足の一冊なのだが、この日本版の装丁がいただけない。
Dollsピンク?
フィクションぽさは出ているけど、パンクの持つポップさもジャンクさも出ていない。

US版かな?
こっちの表紙が断然いい!Heartbreakers!
これはペーパーバック。

そしてハードカバー。

こんなのもある。

さらにドイツ版。


勉強用に英語版も買おうか。
その前にIggyの「Open Up And Bleed」か。

  1. 2010/08/21(土) 22:33:51|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

FED UP !

dogs
一年以上も前に話題にしてからずっと後回しになっていたThe Dogs。今更のようにCDを入手。

1969年にミシガン州のLansingで結成、後年拠点をロサンゼルスに移し1979年まで活動した。Louren Molinaire (G, V)、Mary Kay Dryer (B)、Ron Wood (D)のスリーピース・パンクバンド。ミシガン時代はGrande Ballroomのステージにも上がっている。近年の再結成後はLouren DoG、Mary DoGとRamonesを真似た名乗り方に遊び心がうかがえる。実力派バンドでありながら76年、78年にシングルをリリースしたのみでスタジオアルバムを出すことはなかった。このアルバムは編集盤でシングルレコーディング音源や77年のライブ音源が収録されている。

パンクといってもそこはデトロイト系バンド、あなどるなかれ。本人たちもThe Stooges、MC5の影響を公言しているが、その音楽性はまさにデトロイト直系。そこらのゆるいパンクバンドと一緒だと思っていたらブッ飛んでしまう。リズムや短いリフを繰り返すスタイルはパンクだが、R&Rをベースにしたハードで分厚い音はインパクト絶大。演奏能力も高く、ヴォーカルも叫ぶばかりの歌唱ではなくしっかり歌っている。曲自体もなかなかいい。Mary姐さんのコーラスの声のかわいさに萌えた。

ただ私は通して聴くと途中で集中が切れてしまうのはRadio Birdman同様で、どの曲も同じような曲に聴こえてしまうところはパンクが苦手な要因の一つなのかもしれない。

日本発トリビュートアルバム「Doggy Style」なんてのもある。
doggy
  1. 2010/08/20(金) 23:14:41|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

NicoとIggy



この映像は知らなかった。

チープだけど意味不明でおもしろいし、Nicoも神秘的に見えるじゃないですか。
白いドレスのNico、にょきにょき生えてるマネキンの足、燃え上がる十字架、どれもかっこいいのに、十字架を運ぶにいちゃんたち(白塗りのIggyや半裸の男子)が雰囲気にそぐわないところが謎。
もっと長い作品の一部なのか、これしか存在しないのか。



あとで「プリーズ・キル・ミー」にこの時のことが書かれているのを見つけた。
RonもIggyもこの映像については‘意味不明’と口を揃えている。
IggyとNicoがミシガンで同棲してた当時で、ミシガンのとある農場のジャガイモ畑で撮影したそうだ。
真冬で出演者はかなり寒かったらしい。
Ronは裸の彼を‘ジョン・アダムス’と言ってるけど誰だろう?


・・・さらに追記。
ジョン・アダムス、誰だかわかった。
Stoogesのロード・マネージャーで最初にヘロインをバンドに持ち込んだ人だ。

  1. 2010/08/17(火) 22:41:00|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

かわいい、ふたり

100816

イギたんとジョニさんの最狂ジャンキーコンビ。

Johnny Thunders、資料が手に入ったし動画もしっかり見たし頭の中でイメージがうまくまとまった気になってたけど出来上がってみるといまいち。
もとの写真が子犬みたいな表情で、やんちゃだったりふてたりしている彼とはまた違った印象だったし、なかなか難しい。

「プリーズ・キル・ミー」の中で「Iggyにはファッションを感じなかった」と言った人がいた。
ドールズやヘルくんを見ると本当に納得する。
パンクってオシャレだものね。
Iggyは肉体そのものが商品だから別にいいのだけれど、昔も今もファッションセンスがないことだけは間違いない。
スタイリッシュとは縁がない。
そういうところも好きだけれど。

  1. 2010/08/16(月) 17:38:09|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

MUTZIE

B0049OQIAYLight of Your Shadow
Mutzie
Axis UK 2010-12-07

by G-Tools
私的にはテンションの上がらないバンドだけど、デトロイト・バンドのコレクションのひとつとして最低限の記録を。資料もほぼなかったりする。

デトロイトのバンドMutzieの唯一のアルバム「Light Of Your Shadow」。1970年Sussex Recordsからリリース。サイケデリック・ブルースというだろうか。オルガンとホーンセクションも入っている。
おそらくリーダーはE."Mutzie"Levenburg。この人がヴォーカルとギターを担当。ベースとオルガンはMutzieの兄弟らしい。音楽は黒っぽいが、この兄弟が黒人か白人かもわからない。Grande Ballroomを始めとするあちこちのギグに登場していたところを見ると人気のあったバンドだったのかも。実力派なのは間違いない。

このCD、デジパック仕様なのだが、演奏メンバーの名前以外は何一つ紹介も解説もなし。
ここまでアッサリしてるというか愛想のないのも初めて。

  1. 2010/08/15(日) 21:44:57|
  2. Detroit/Michigan
  3. | コメント:0

ORIGINAL ALBUM CLASSICSシリーズ



「LIVE」を買ってから気がついた。
こんなんあったんだ!5枚組!
いわゆる廉価版なので、輸入盤のそっけないセット売りが物足りない人でなければ超お買い得。
それにしてもamazonとHMVでは価格差が大きい。

このソニーが出しているシリーズ、ボートラ付きのアルバムが入っているものと、ボートラ無しとあるみたい。
それから、元になっているアルバムがリマスターされていればリマスター盤が入っている。
ワーナーミュージック創立40周年記念の歴代40アーティストのオリジナル・アルバム・シリースというのもある。

今は書店でCD付きの本が安価で売られているし、こう安いとCDの値段はあるようでないようなものだと感じてしまう。

  1. 2010/08/08(日) 22:47:34|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:2

THE PASSENGER

rca-p-s

1977年にRCAから出たシングル盤のジャケらしい。
A面が「The Passenger」、B面が「Success」というIggyのソロアルバムの中で最高傑作と言われている「Lust For Life」からのカップリング。
安全ピンが描かれているのはロンドンパンクの影響?
時期的にはそうだなぁ。
あくまでIggyのイメージであって曲のイメージには合わないデザインである。

「The Passenger」はIggyの曲の中でも名作中の名作。
Bowie作曲群の中で唯一ギタリストのRicky Gardiner単独で作曲しているのだけど、そのあたりが功奏した曲ではないかと。
もちろんアレンジやバックコーラスはBowieだけど。
都会の孤独が淡々と繰り返されるフレーズと歌詞から浮かび上がる。
安住の地を持たず通り過ぎるだけの‘旅客者’だからこそ素直な気持にもなり、車窓から見上げる夜空に小さな光を見出す。
空虚な空のわずかな裂け目から見える光は、はかなくて美しい。
「探しては壊すだけ」と歌った男の歌とは思えない、まるで星が放つ音に耳を傾け星に向かって歌を口ずさむようなロマンティックな一曲。
この時期のIggyには日常や社会の裏側にある真実と静かに向き合う気持があったのだろう。


ちなみに「Search And Destroy」も曲のイメージからするとビックリするくらい詩的でロマンティックな歌詞だったりする。
文学的な上手い下手はわからないが、Iggyの感性はおもしろいと思う。

  1. 2010/08/07(土) 23:30:30|
  2. Iggy Pop/The Stooges
  3. | コメント:0

おせんべ

frf2010

フジロックに行った人からおすそ分け。


  1. 2010/08/03(火) 22:01:19|
  2. Rockな日常?
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示