+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SWEET FANNY ADAMS



Sweetの2ndアルバム。1974年リリース。

1968年のデビューから鳴かず飛ばずだった彼らにマネージメントが一計の策を講じる。
Nicky ChinnとMike Chapmanの2人とチームを組んだのだ。
後に70年代のイギリスを代表するシングルヒット・メーカー・コンビとなる2人はソングライター・音楽ブロデューサーとしての才能を発揮する。
そしてSweetは大手のRCA Recordsに移籍。
曲の良さとポップ・アイドル路線での売り出しが大当たりし、一躍人気バンドとなった。

1973年に出されたシングルを見るとA面はChinn & Chapmanの曲だが、B面はSweetメンバーで曲を作っていて、ポップなA面に対しハード路線ではあった。
「Sweet Fanny Adams」はメンバーによる曲が大半を占め、ハードロック色が一気に強まる。
特に一曲目の「Set Me Free」はスピード感と迫力のあるナンバーで、ドラムとベースがヘヴィなのが印象的。
Deep Purpleを思わせるようなハードさにワクワクしてしまう名曲。
演奏もなかなか。それぞれに存在感を放っている。
ちなみに#3と#7はスティーヴ、#8はアンディがリードヴォーカル。

近頃つくづく感じるのが、Sweetからはたくさんのいいものをもらっているなぁということ。
楽しさ、嬉しさ、明るさ、幸せ、躍動感、そして元気。
聴くと気持が明るくなって元気が出る。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/18(木) 22:50:54|
  2. Glam
  3. | コメント:0

SILVERHEAD



ええなぁ、コレ。
ジャケ買いしそうになったのを、あやうく踏みとどまった。
YouTubeで何曲か聴いたらぐっと来るものがなかったんだよね。

Michael Des Barresは俳優もやってるだけあって存在感ある。
だけど、声が好みじゃなくて残念賞な感じ。
des-barres
イギリス人はオシャレさんだなぁ。
tiger-des-barres
なぜ虎!?

  1. 2010/01/23(土) 22:19:02|
  2. Glam
  3. | コメント:0

SWEET




T.Rexは好きなわりにグラムロック自体はほとんど聴いてない中にあって、大好きなイギリスのバンド・SWEET。
グラムロック・バンドというのが一般的な認識だと思われるのでカテゴリは別にしたけど、なかなかハードロックしてる。
アイドル扱いされ実力が正しく評価されなかったと言われているが、多くのHR/HMアーティストがカバーをするような名曲を数多く生んでいる。



[SWEET]の続きを読む
  1. 2008/11/18(火) 21:21:57|
  2. Glam
  3. | コメント:0

Boogie With The Wizard



これを買った当時だから10年くらい前だと思うけど、国内でトリビュートアルバムが乱発されていた。
そろそろ目新しさもなくなってきて、趣旨がよくわからないアルバムも出始めていた頃だったが、このアルバムはマーク・ボラン没後20年・生誕50年という区切りの年だったことと、ジャケットがかっこよかったのと、参加ミュージシャンの顔ぶれがおもしろかったということで迷わず購入した。

マーク・ボラン追悼ライブを今も続けているAKIMA&NEOS(現在は解散)が中心とあってなかなかテンションの高い出来。
リアルタイムでT.REXを聴いていない世代のミュージシャンが多い分、型にはまらないアレンジが聴ける。
参加している人たちが楽しんでいる様子と、マークへの愛も感じられて、けっこうお気に入りのアルバム。
イエモンの「Till Dawn」がいいな。
もちろん本家本元のみゃーみゃーぶりには敵わないけど。
  1. 2008/10/03(金) 22:45:01|
  2. Glam
  3. | コメント:0

Marc Bolan



また今年もこの日がやってきた。
今日はマーク・ボランの命日。
マークはロックへの扉を開けてくれた人。
彼の音楽はとてもインパクトがあって、楽しさや悲しさがいっぱい詰まっていて、マークは不思議な声をしていて・・・彼に出会わなければロックをカッコイイと思わなかったかもしれない。
出会ってからずーっと特別な人なのだ。


映画「20世紀少年」絡みでトリビュートやらシングルやらが出ている。
そもそも原作の題名は「20th Century Boy」からとっているのだろう。
カッコイイよね「20th Century Boy」。大好き。

このマキシシングルの写真、マークといえばコレ。
鋤田正義さん。
  1. 2008/09/16(火) 14:39:41|
  2. Glam
  3. | コメント:0

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。