+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

Bob Masse

カナダのサイケデリック・ポスター・アーティストといえばBob Masseだろう。
この人もやはりアメリカ西海岸の影響を受けていて、現在も現役。近年の作品の方が極彩色で一層サイケデリックらしさいっぱいである。ミュシャの影響もあるようで、女性の絵姿は本当に美しい。

まず、60年代の作品。
masse1masse2

近年の作品。
masse3masse4

  1. 2015/12/18(金) 22:07:19|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

BFTG新作!?

いやはや、びっくり。Back From the Graveの新作が来月リリースとのこと。もう続きはないだろうなと思っていたら18年ぶりの登場だ。LPはVo.9と10の2枚。CDは9-10で一枚。CRYPTによれば30曲収録されるらしい。
嬉しいなー。

B00P4KXXEGBack From the Grave 9-10
Various Artists
Crypt Records 2015-01-20

by G-Tools

B00P4KXXKUBack From the Grave 9 [Analog]
Various Artists
Crypt Records 2015-01-27

by G-Tools

B00P4KXXJQBack From the Grave 10 [Analog]
Various Artists
Crypt Records 2015-01-27

by G-Tools


  1. 2014/12/06(土) 23:23:28|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

The Seedsのドキュメンタリー

なんてものが今年公開されていたのだなぁ。ようやく最近気が付いた。

私はデトロイト馬鹿、ミシガン馬鹿なので他のガレパンは疎いし、Sky Saxonにも魅力は感じないものの、ガレパンの代表的なバンドのドキュメンタリーとなればやはり気になる。110分とまとまった内容のようだし、Iggyも登場するようなので、日本で観ることができるのなら観たいものである(まず無理だろうけど)。



  1. 2014/11/24(月) 15:57:13|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

60'sガレージ・ディスク・ガイド

476612577060'sガレージ・ディスク・ガイド
ジミー益子
グラフィック社 2014-03-07

by G-Tools

いわゆる7インチシングル盤の国別・地域別紹介なので必要ないかなーと思いつつも買ってしまった。
シングルを集めていない私にはやっぱり必要なかったかも。
まぁ、ジミー益子さん監修ということで、あの方のブログを見てもすごいコレクションだし知識も半端ないし、今の時代こういうアナログなものが見直されるのはいいことだと思う。コレクターズアイテムなので高価なものは物凄く高価だけど、そういうマニアな世界も好きだしね。実際、この本はAmazonで売れているようだ。

坂本慎太郎さんのインタビューやコラムの幾つかはおもしろかった。レコードの写真を眺めているだけでも楽しい。

本当はミシガン・バンドのレコードはコレクションしたいけれど、地方に住んでいると難しいのが現実。オリジナルの音を聴いてみたい気持ちはあるのだ。その気になれば海外から購入できるものの、それほどの執着はない。踏み込んだら最後、泥沼が待っているのもわかるから手は出さないに越したことはない。


  1. 2014/03/24(月) 15:57:42|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

DMZ

B0052L1K10RADIO DEMOS 1976/LIVE AT CANTONES
DMZ + LYRES
Munster Records 2011-06-26

by G-Tools
動画サイトで聴くことのできる音源を聴く分にはLyresほどには好きにならないかなーと思っていた。だけど、これを聴いて考えを改めた。やっぱりまずは聴けということ。

私にとってはパンク・バンドではなくDMZという一バンドであり、DMZとLyresは同じ流れの中にあって時代が変わろうとメンバーが変わろうとやってることは同じで、大好きだ。大好きだ。

DMZもLyresスタジオアルバム収録以前のラジオ・デモ音源とライブ音源ということでラフで、これからやったるぞという勢いが感じられる。オリジナル曲がもちろんサイコウなんだけど、‘Search And Destroy’もいいなぁ。Stoogesってスゲー名曲を作っていたんだなぁと感動。それだけDMZの演奏がスバラシイということである。

ライブ音源のCDはいくつかあるのでまだまだ楽しみは続く。

  1. 2013/07/31(水) 20:50:13|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

LYRES

B0078ADNQ8On Fyre [輸入盤]
Lyres
MUNSTER 2012-09-10

by G-Tools
B0078ADN7WLyres Lyres [輸入盤]
Lyres
MUNSTER 2012-09-10

by G-Tools
ただいまLyresにドハマリの真っ最中。
80年代のガレージパンクはハマる要素が多いことはわかっていたものの、まさかこんなに胸きゅんするとは思いもしなかった。

カヴァー曲の選曲の妙・アレンジの妙(意外と大人で知的なアレンジ)というのもあるし、オリジナル曲がこれまた堪えられない旨味がある。Jeff Conollyのヴォーカルもピュアな感じが大好きだ。プロの仕事なのだけど、なんだかバンド少年みたいな純情さと無謀さがある。Jeffは太る前はなかなかハンサムだったしね。ライブの時は歌いながら右手でオルガン、左手でタンバリン。よぉ、やるなぁ。
去年来日したんだね。また来るかしら。

そうそう、‘Busy Men’がDMZ期よりStoogesぽく聴こえておもしろい。影響があるのだろうか。

  1. 2013/06/09(日) 18:30:20|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

The Boston Tea Party

サンフランシスコ以外にもスゴいサイケデリック・アートが生まれた地域があるかもしれない、と調べてみたところ、これが期待ほどではなかった。
西海岸の影響が強いと思われるテキサスやElectric Factoryの名が知られているフィラデルフィアですら優れたものは少ない。Fillmoreをお手本にしたデトロイトが一番サイケデリック・アートでも西海岸的なものを生み出し、さらに個性を発揮した感がある。Fillmoreの東海岸拠点であるFillmore Eastがあったニューヨークはこの街ならではの文化的な独自性がありながら(この点は後日書きたい。)ニューヨーカーはあまりポスターアートに興味がなかったのではなかろうか、という印象を受ける。

そんな中、ポスターに力を入れていたように見えるのがボストンのBoston Tea Party。1967年から1970年初頭まで営業していたロック・コンサート会場である。この時代なので当然のことながらここでもサイケデリック・ムーブメントの渦中にあったがポスターだけ見ればサイケな印象が強いのは67年の初期だけ。一見ロックを感じさせないモダンで渋めのポスターが目立つ。
数も結構多いので、その中で私好みのものを幾つか。

まず1967年。
btp1967-1btp1967
1968年。
btp1968btp1968-2btp1968-3
1969年。
btp1969bto1969-2
1970年。
btp1970

作品を多く手掛けているのはEric EngstromとBob Driscoll。

  1. 2013/05/16(木) 16:48:56|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Mari Tepper

西海岸のポスター・アーティストで珍しく女性を見つけた。この人の絵がこれまた最高。今の時代でもぜんぜんイケるセンスだと思う。オフィシャルらしきものはあるけれど中身が薄くて現在活動しているのかどうかは不明。

現在見ることができるのは67年、68年のポスター・ポストカードなど。Big5の陰に隠れがちだがFillmore Auditoriumの仕事もしている実力派。女性ならではの自由さがこの人の絵にはある。
M Tepper3M Tepper2M Tepper1
大胆かつ繊細な色使いが好き。
  1. 2013/05/11(土) 16:39:56|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

The Incredible Staggers

2000年代のガレージバンドではThe Incredible Staggersがちょっと気になるところ。オーストラリア出身のバンドなのだろうか。英語圏よりドイツ語?表記が検索でかかってきてよくわからない。
ヴォーカルがお約束のRamones風ヘアスタイルだったりボーダー着てたり、初期のファッションがモッズっぽかったりと、個人的にはわはは笑いに嬉しさと気恥ずかしさが混じる。音もファッションもノリも80年代のネオ・ガレージの流れを汲むベタなガレージパンク・スタイルだが、数あるガレパン・バンドの中でこういうタイプのバンドがやはり好きなのだ。
Fuzztonesに似ているという人もいるけれどFuzztonesの方がよりパンキッシュでしょ。私はどちらも好きだけど見る人によってはイロモノなんだろうなぁ。バカバカしいけどカッコいい、こういうバンドを十代の若者に聴いてほしい。

それにしてもMorlocksのCDはなんであんなに高いんだろ。

B000LMQ3GWTeenage Trash Insanity
Staggers
Wohnzimmer 2007-11-28

by G-Tools
バンド名、以前はThe Staggersで最近The Incredible Staggersに変えた模様。



  1. 2013/05/10(金) 22:14:57|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0

Spazz

はうっ!きたっ!
1967年当時は売れなかったろうけど、今聴くとカッコエエ。



  1. 2013/05/07(火) 15:25:26|
  2. Garage/Psychedelic
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (126)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示