+ 耳 福 +

Three chords and a cloud of dust ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探索中

今年は意欲がわかない状態が続いて絵はまるで描いていない。
それでも今月はIggyさんのお誕生月なのでひさびさに一枚はでかしたいなぁとは思う。

近頃はミシガンのバンドを発掘する傍ら、紙を探索中。
Rockな切り絵とは別にやってみたいシリーズがあってそれに使用する和の色の紙を探しているところ。
いざ探してみると紙の知識のなさを思い知らされたり、1枚単位から販売している店が貴重な存在であることを知ったりといろいろ勉強になる。
紙の厚さがg単位で表示されていることにまずびっくり。
色によって厚さが違うものもある。
菊判、四六判ってなぁに?A3とB4ってどちらの方が大きいの?てな調子で基本がわかってない。

地元には種類が豊富で販売形態(枚数とかカットとか)に融通の利く店が見つかってないのでネットで買おうと考えている。
厚さは大切だとしても紙質は妥協して色優先で選びたい。
「里紙」という紙が和っぽい色数が多くてよさそう。
ミ・タントは色も取り扱い店が多いけど海外生まれの紙だけあって色が求めているものと違う。
実際切ってみると厚さが足りなくて少々扱いにくさもある。
ミ・タントを使っている切り絵師さんもいるから慣れなのか。好みなのか。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/03(日) 21:20:11|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

DAVE ALEXANDER

101220

The Stooges初代ベーシストのDaveです。
これまた似てないが許して。

この人は1970年の脱退後は何をしていたのかわからないけど、75年肺炎のため27歳の若さで亡くなっている。
彼の生家はメンバーの中では一番裕福だったようで甘やかされて育ったようなイメージがある。
彼に関するエピソードは少ないものの、音楽初心者だったDaveがメキメキ上達し曲作りの大きな戦力になったと今では言われている。
Iggyもインタビューの中で、Daveには優れた音楽センスがあって他の人が思いつかないような音を出したと語っていた。
脱退の原因のステージ上での失態については大舞台でビビって飲みすぎたという話。
いっぱしの不良ぶっていたがメンバーの中では一番普通の人だったのかもしれない。


  1. 2010/12/20(月) 17:20:34|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

JIMMY RECCA

101208

今月はまだ描いたことのないStoogesメンバーを短時間でざくざくっと切ろうと思う。
まずはJimmy Recca。
・・・・・・。
コワイ顔になってしまった。
もっとかわいい顔の人なんだけどなぁ。男子にしては髪型もかわいい。

彼は2代目ベーシストというか3代目ベーシストというか。
Dave Alexander脱退後、ローディーのZeke Zettnerがとりあえず数ステージだけベースを弾いた。
間もなくJimmyと交替、という話は前にも書いた。
Jimmyもバンドにいた期間は短い。
1971年の早い時期にバンドメンバーとなり、同年の8月か9月にはバンドは活動停止状態になったと言われている。
後にIggy & The Stoogesが解散しRon Ashetonが結成したNew Orderに参加している。

ところで、再結成Stooges、Jimmyを呼ぶという案はなかったのかな?
Jimmy以外の歴代ベーシストは全員亡くなってるんだよね。
Mike Wattも好きだけどJimmyを呼んでくれたらもっと気持が盛り上がったかも。

  1. 2010/12/08(水) 21:07:25|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

CINCINNATI 1970

i101129

続々とFun House期の音源がリリースされ、今更ながらFun Houseが来てるのか?という感じだが、Ronのいるうちにやってくれ~!というのがファンの気持。
Ronにはもう一銭も入らんのだから。
なにはともあれ大好き!Fun House!
T.V.EyeでIggyがむせるところも(笑)

とにかく描くなら絶対1970年だな、と。
今年もよく聴いたなぁ、Fun House。
Cincinnati Pop Festivalは観客側に飛び込んだIggyの足を持って観客が上に押し上げるシーンが衝撃的。そして有名なピーナッツバター投げ。
getty Imageに当日の写真がいくつかあって、ステージ上のIggyを見つめる観客の表情がすごい。一点集中、まさに魅入るという言葉がぴったり。

後で間違いに気がついた。
Iggyの眉毛って右じゃなくて左が上がってるんだった。
いくつか見た資料のうち印象が違うなーと思ったのをベースにしてしまったんだ。
印象が違ったのは反転してたからなのか。うーむ、失敗。

ドキュメンタリー見つけたので貼っとく。


  1. 2010/11/29(月) 17:39:19|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

道具

ひさしぶりに気合を入れて切り絵をしたら刃を折りまくり。
力加減の問題もあるが、そろそろマットも限界。
今使っているのはよく見かける緑色のマット。次回は白っぽいものをと思っていたのでネットで探してみた。

そもそもカッターのメーカーといえばオルファとNT。
私は直線を切る時用のふつうの刃をぽきぽき折って使うカッターはオルファ、切り絵に使うデザインカッターはNTだ。
深い意味はなく、最初に買ったものをそのまま使っているだけ。
ふつうのカッターはデザイン的にオルファのものが好きなので他に買い足すとしてもオルファか。
デザインカッターはNTがやはりデザインが好きなのだが、オルファが使いやすいという話もあるしマットと一緒に買い足そうかと考えている。
どうやら刃は規格が同じで両者で互換性があるらしい。
両方持っていても問題はないわけだ。
この2社はどちらも折る替え刃の世界初を謳っていて、特許取得の際にはNTとオルファの創業者は協力関係にあったらしい。
なんにしろ、折る替え刃は日本が誇れる発明品のひとつだと思う。

さてさて、マット。
白っぽいものといえばオルファが主流のようだ。
サイズも豊富で燃やした時にダイオキシンを発生させないエコな材質のマットもあるらしい。
それにしてもコレ気になる!
オルファ回転マット30195B
紙を回転させて切るといつの間にかマットも動いてズレてしまう。
このマットの裏側はどうなってるんだろう?

NTのスイブルカッターにはびっくり。
使い心地が気になる。
http://netshop.too.com/shop/store.msp?pid=51110791_00001


  1. 2010/11/26(金) 21:22:33|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:2

THE STOOGES

s100908

たまにはオッサンたちも描いてやらねば!

というわけで再結成Stooges。Ronのいた頃ね。


Iggy & The Stoogesバージョンもいずれ。

  1. 2010/09/08(水) 21:55:57|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

WE WILL FALL

100904

書店で立ち読みしていてページをめくったら突然Stoogesが出て来てどきどきどきどき・・・
何度も見た写真なのに。
アホだなぁと思いつ、ますます好きだなぁと呆れつ。

切り絵の方は最近は考えすぎなのか、レベルを上げたいという気持が強すぎるのか、前みたいに「好き~!描きたい~!」と勢いで描けないのがダメダメなところ。
この絵は2年くらい前に切り絵を再開して2枚目の作品。
もうIggyが好きで好きで描かずにはいられなくて、描いたら描いたで妥協ができなかった。
当時の私の精一杯。
今見ると大雑把。でもこれを見ると当時の情熱を思い出すことができるので時々取り出して眺める。
切り絵でIggy Popを描いてる人なんてアンタくらいだって、と自分を励ます(笑)

‘the stooges’のロゴをデザインした人って誰なんだろ?
‘g’が鳥みたいで好き。

  1. 2010/09/04(土) 22:00:33|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

かわいい、ふたり

100816

イギたんとジョニさんの最狂ジャンキーコンビ。

Johnny Thunders、資料が手に入ったし動画もしっかり見たし頭の中でイメージがうまくまとまった気になってたけど出来上がってみるといまいち。
もとの写真が子犬みたいな表情で、やんちゃだったりふてたりしている彼とはまた違った印象だったし、なかなか難しい。

「プリーズ・キル・ミー」の中で「Iggyにはファッションを感じなかった」と言った人がいた。
ドールズやヘルくんを見ると本当に納得する。
パンクってオシャレだものね。
Iggyは肉体そのものが商品だから別にいいのだけれど、昔も今もファッションセンスがないことだけは間違いない。
スタイリッシュとは縁がない。
そういうところも好きだけれど。

  1. 2010/08/16(月) 17:38:09|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0

気温30度越え日のIggy

i100707

せっかく連休なのに健康診断と期日前投票で終わってしまう!何かしなくちゃ!

こんな時はやっぱりIggyでしょ。

でも暑くてぜんぜん集中できなかった。
本当は額がもっと短くて、逆にアゴが長いんだけど、バランス無茶苦茶。
ちゃんと描くつもりがもういいやーって。

ごめんね、Iggy。

  1. 2010/07/07(水) 21:35:46|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:2

魔界王子・・・もといOzzy

100622

前に‘魔界王子とその眷族’という切り絵作ったことがあって。
本当はBlack Sabbathと書きたかったけど、描いてるうちに‘怪物くん’に出て来そうなイメージに膨らんでしまった。
それはそれで楽しかった。でも、王子の出来はいまひとつ。
今日切ったものの方が最初に描いた下絵に近い。
若いOzzyはかわいい!という当時の驚きと感激を思い出しつつ。
かわいいと思って描いても、かわいくないのが私風。
  1. 2010/06/22(火) 21:22:38|
  2. Illustration・Paper Cut Art・切り絵
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

正親町さるる

Author:正親町さるる
IGGY POPや1960~70年代のアメリカ・ミシガン州のROCKが大好きです。
USガレージ・パンク、ガレージ・サイケにもハマってます。
ミュージシャンやROCKをテーマにした切り絵も描いてます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

DETROIT JUNKIE


月別アーカイブ

カテゴリ

このブログについて (1)
Iggy Pop/The Stooges (110)
Iggyと出逢った人々 (16)
Detroit/Michigan (203)
Garage/Psychedelic (44)
Glam (5)
American Hard (5)
Cover (11)
その他Rock (42)
J-Rock (10)
他ジャンル (10)
Rockな日常? (125)
Illustration・Paper Cut Art・切り絵 (51)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。